人気ブログランキング |
<< 20090409 春爛漫      20090405 またまた「天地人」 >>

2009年 04月 06日
20090406 パンフ「日本共産党の元気の源は何か」
b0013099_7125224.jpg 日本共産党新潟県委員会総会で、つい最近発行されたばかりのパンフレット「日本共産党の元気の源は何か」が配布された。3月3日に日本外国特派員協会で志位和夫委員長がおこなった講演と質問への回答を収録したものである。
 講演の全文はすでに『しんぶん赤旗』にも掲載され、日本共産党のホームページでも見られるが、外国人記者からの質問とそれへの回答は、このパンフレットではじめて読んだ。
 冒頭に、当日の司会をしたビオ・デミリア理事の紹介文が載っている。
 「今日、私たちは、政界の極めて傑出したゲスト、日本共産党党首の志位氏をお迎えしました。」「政治討論がおこなわれ、首相とのとても難しく意味のある質疑がおこなわれているさいに、もっとも雄弁な演説者の一人に出会うでしょう。その一人がたしかに志位氏です。」「国会討論の生中継を聞いた人々の一部が、志位氏のとても強力なアプローチのおかげで考え直し始め、政治に関心を向けています。」党員が増加していることを述べたのに続いて「今日、志位氏は、日本の情勢についてだけではなく、なぜ共産党がそのような人気を得ているのかの理由についてもレクチャーしてくれます。」
 外国人記者が日本共産党の何に関心を向けているかが如実に語られている。そしてこのことはまた、今日本共産党に関心を向け始めた国民が感じている点でもあろう。党は、このパンフを国民の中に大量普及し、「日本共産党とはどんな政党なのかを知ってもらいたい」としているが、そうした役割を果たす良いパンフレットである。ちなみに、講演は次の4項からなっている。
 経済改革――「ルールある経済社会」をめざす
 外交路線――覇権主義反対の自主独立を貫く
 組織――草の根で国民生活を守る安全網をつくる
 理想――資本主義を乗り越える未来社会への展望


by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2009-04-06 22:09 | 日本共産党 | Comments(0)

<< 20090409 春爛漫      20090405 またまた「天地人」 >>