<< 20130604 孫が来てにぎやかに      20130603 遊歩会で鳴神... >>

2013年 06月 04日
20130604 オスプレイを大阪府が受け入れるとか・・・
 日本共産党の小池晃副委員長が「沈みゆく泥船」という記事をツィートしていた。

沈みゆく泥船
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/ea7aaafea1622c9902240ad18c764e86


 沖縄の人のブログで「MV22オスプレイの一部訓練を、大阪府内で受け入れる」ことを論評している。その中に沖縄タイムスの記事が引用されていた。

維新、オスプレイ訓練一部を大阪で検討
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-06-03_50011


 地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)が、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの一部訓練を、大阪府内で受け入れる方向で検討していることが2日、分かった。

 すかさず和歌山県知事が疑問を呈し、八尾市長が受け入れ反対を表明している。

オスプレイ、大阪受け入れ疑問視 和歌山知事
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-207521-storytopic-3.html

八尾市長がオスプレイ受け入れ反対表明
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-06-03_50043


 仁坂氏は「今の日米安全保障関係法制では、米軍は決めたら勝手に飛んでくる」と指摘。「その前提で考えると『受け入れ』とはいったい何なのか」と問題提起した。

 以前、「20120701 オスプレイは沖縄や岩国だけの問題ではない」「20120816 オスプレイ低空飛行ルート ブルー8-9」に掲載したが、日本本土には、ピンクルート、グリーンルート、ブルールート、オレンジルート、イエロールート、パープルルートという6つのルートが設定されていて、米軍が勝手に設定して自由に使用できるのである。おそらく維新の会はそんなことは百も承知していて、パフォーマンスを繰り広げているのであろう。仁坂和歌山県知事の問題提起は当然である。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-06-04 07:36 | 国の政治 | Comments(0)

<< 20130604 孫が来てにぎやかに      20130603 遊歩会で鳴神... >>