<< 20131125 強風が吹き荒...      20131123 秘密保護法に... >>

2013年 11月 25日
20131125 遊歩会の忘年会
 24日午後、遊歩会の忘年会が開かれました。41名の参加でした。

 私は会長挨拶で、「今国会で審議されている秘密保護法が、登山者にどんな影響を及ぼすか」という話をしました。

 一つは、地図の空白の問題です。「知って楽しい地図の話」(田代博 新日本出版社)のコピーを配りましたので見てください。
 みなさん「点の記」という映画を見ましたか。あの測量をしていたのは、「陸軍陸地測量部」という部署です。地図は、軍事目的のための、軍隊が作っていたのです。
 戦前の地図には、軍事基地は「空白」で示されています。地図は、重要な軍事機密なのです。「空白」だらけの地図になったら、安心・安全な登山はできなくなってしまいます。

 二つ目は、気象の問題です。
 昨日今日と立山真砂岳での雪崩遭難のことが、報道されています。遭難防止の上で、気象を知ることは大事です。特に昨今は、異常気象だから、なおさらです。
 気象というのもまた、重要な軍事機密でした。それで気象図は秘密扱いされたのです。そんなことになったら、やはり安心・安全な登山はできなくなってしまいます。

 三つ目は、登山で見聞きしたことについてです。
 例えば、登山の途中でジェット機が飛んでいったのを目撃し、それを人に話したとします。それを聞いていた第三者が「こんなことを話している人がいた」と通報すれば、話した人は「機密漏えい」で捕まる可能性があるのです。

 そんな世の中にしたくないものです。この一年、よい登山ができたと思います。来年もまた、すばらしい登山ができるようにしたいと思います。

 班長さんから、今年の良かった点・反省点と来年どこへ行きたいかを出してもらいました。たくさんの希望が出てきました。それらをまとめて、春の総会に提案することになります。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-11-25 21:00 | ●登山 | Comments(0)

<< 20131125 強風が吹き荒...      20131123 秘密保護法に... >>