<< 20140704 高田公園のハス      20140702 スライドショ... >>

2014年 07月 02日
20140702 集団的自衛権。賛成の立場と反対の立場と
 滝沢いっせい上越市議がブログに「集団的自衛権の争点について」という記事を掲載している。

集団的自衛権に賛成の人々と反対の人々の議論が噛み合わない気がする。
双方が、他方の疑念に誠実に答え、議論を積み重ねるしかないのではないか。一部だが、論点を挙げてみようと思う。

として《賛成の立場から》と《反対の立場から》の氏なりの「論点」を挙げている。私は《反対の立場から》なので、《賛成の立場から》の論点に注目した。

 「◎憲法は不磨大典であると言われるところだが・・・」についてだが、逆に「憲法の中身を変えるような「解釈」まで許されるのか」聞きたい。正面から「改憲」を提起し、国民に信を問うべきではないのか。

 「◎尖閣諸島近辺で・・・」「◎では中国とどう付き合っていけば良いのか?・・・」「◎自国を自分たちで守る・・・」は、安倍首相の「無知か詭弁」と同じで、これは集団的自衛権の問題ではなく、個別的自衛権の範疇の問題である。

 「◎そもそも同盟国であるアメリカからの要請を受けて集団的自衛権行使を認め・・・」というのは、「アメリカからの要請を受けて」同盟国であるアメリカが行う戦争に参加するということに他ならない。それが集団的自衛権の行使なのである。そこまでアメリカのポチになる必要はないのではないか。

 「◎集団的自衛権を認めることで、戦争参加に道が開かれ・・・」というのは、上記から明白であろう。アメリカはこれまで、イラクであれ、どこであれ、戦争を起こす時にはいつも、「集団的自衛権の行使」を大義名分にしてきたではないか。

 あらためて《賛成の立場から》の論点を見ると、集団的自衛権と個別的自衛権との意識的な混同が論拠となっているのが分かる。「自衛権」ということで「意識的に混同」し、集団的自衛権があたかも「日本防衛」であるかのように装うのが、《賛成の立場から》の最大の「論拠」なのだと思う。

集団的自衛権の争点について
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-07-02 23:23 | 国政 | Comments(0)

<< 20140704 高田公園のハス      20140702 スライドショ... >>