<< 20160223 【憲法】これ...      20160222 【談合】談合... >>

2016年 02月 22日
20160222 【国政】「当選した後どういう活動をするのか」は明確だ
 jiji.com の記事によれば、自民党の谷垣幹事長が「「共産党と民主党の共通点は一体何なのか。当選した後どういう活動をするのか。おかしな結果が出てくる」と批判した」という。
 別のjiji.com の記事では次のように報道されている。

 志位氏は、民主党など他党の公認・推薦候補を支援する条件として、(1)安全保障関連法廃止などを公約とする(2)共産党の支援を拒否しない-と都道府県組織レベルで確認することを挙げた。

 「当選した後どういう活動をするのか」は明確だ。「(1)安全保障関連法廃止などを公約とする」ということは、その公約を守って活動するということだ。
 「安全保障関連法廃止」以外の問題にどう対処するかという点では、日本共産党は「現行法制の枠内で処理する」としている。「現行法制で処理できないような問題はない」ということである。

 谷垣氏の発言は、「これで野党共闘が進んだら大変だ」「そうなれば、改憲も不可能になる」という危機感の表れであろう。

野党の選挙協力を批判=自民幹事長(jiji.com 2016/02/22-20:35)
参院選1人区、原則取り下げへ=野党選挙協力に弾み-共産(jiji.com 2016/02/22-18:50)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-02-22 23:56 | 国の政治 | Comments(0)

<< 20160223 【憲法】これ...      20160222 【談合】談合... >>