2018年 10月 16日
20181016 【登山】ライチョウ
 13日、唐松岳の頂上から山荘に向けて下ってきた時でした。
b0013099_12035318.jpg
b0013099_12042368.jpg
 登山道に一羽のライチョウが現れました。
b0013099_12043831.jpg
b0013099_12044841.jpg
b0013099_12045892.jpg
b0013099_12051339.jpg
 「チャンス」とばかり、カメラを構えて撮り始めると、どんどん近づいてくるではありませんか。
b0013099_12052873.jpg
b0013099_12053849.jpg
b0013099_12054751.jpg
b0013099_12055712.jpg
 それも速足で・・・。シャッターを切り続けました。
b0013099_12061232.jpg
b0013099_12062277.jpg
b0013099_12063328.jpg
b0013099_12070057.jpg
 恐れる様子もなく目の前まで来て、通り過ぎ、登山道を一目散に登っていきました。
b0013099_12071728.jpg
b0013099_12073369.jpg
b0013099_12074462.jpg
b0013099_12075719.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-16 12:08 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2018年 10月 16日
20181016 【登山】唐松岳二日目
 14日、唐松岳登山二日目です。
 夜明け前、稜線は風があり、雲に覆われていました。それでご来光は不可。そんな中を早立ちする人たちが何人もいました。
 「朝食はご来光を見た後、7時から」となっていたので、思わぬ余裕ができてしまいました。ゆっくりと朝食をいただき、お茶をたくさんいただいて水分補給。8時下山開始とする。

 山荘の管理人に通行止め箇所の話を聞きました。
 7月11日の3時頃に崩れました。微震が続いていて、地鳴りがしていたので「来るかな」と、用心はしていました。大きな岩が滑り落ちました。トラバースルートに人がいなかったのが幸いでした。まだハイマツの枝と根に支えられている岩があります。いつ落ちるか。それで通行止めにしてあります。
 急遽、尾根ルートを一般登山者が通れるように整備しました。展望が良くなったのは良いのですが、見とれて転倒し、けがをした人が出ました。残念です。

b0013099_11021355.jpg
 8時少し前に山荘を出る。西から吹き付ける風が冷たい。山はもう、秋が終わり、冬に近づいている。山荘の宿泊は昨日で終わりました。
 尾根ルートは風があるので、慎重に下ります。分岐まで下りると、風も弱まり、一安心です。
 丸山で雨具を脱ぎました。同宿した若者たちが下りてきました。昨日はあんなに見えていた山々の姿は、今日はありません。雲の動きが早く、時々明るくなりますが、すぐに元に戻ってしまいます。
b0013099_11023808.jpg
b0013099_11030342.jpg
b0013099_11044717.jpg
 展望はイマイチですが、八方池でゆっくりすることにしました。
 「いつも時間に追われて、ゆっくり見てないもんね」
 こびり。白馬鑓ヶ岳の下部が見え隠れするようになりました。池はさざ波で「鏡のよう」とはいきません。不帰も少しだけ見えるようになりました。
 池を一周するように回りました。
b0013099_11033975.jpg
b0013099_11041769.jpg
b0013099_11043323.jpg
 第2ケルンからは、木道・階段歩きです。このあたりまで下りてくると人が多くなりますが、紅葉の時期の日曜日としては少ない。

 「どこの温泉に行こうか」
 入浴割引券に書かれたいくつかの温泉で、一番近い「おびなたの湯」に行くことに。初めての温泉です。
 露天風呂だけしかありません。大きな岩を伝って流れ落ちる湯は、無色透明。肌はつるつるに。ちょうど良い湯加減で、リラックスしました。しかし湯から出ると少し寒い。不帰の頭が見えます。よしずが紅葉を隠していて、残念。
 コップが用意されていたので、グッと飲み干しました。

 戸隠中社で遅い昼食を摂って、帰宅しました。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-16 11:06 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2018年 10月 16日
20181015 【登山】唐松岳
 13日~14日、唐松岳へ行ってきました。
 9月30日~10月1日に計画していた遊歩会の唐松岳登山が、台風の通過で中止になりました。何か「空洞」ができた感じで落ち着きません。日帰りと1泊の計画を立てて、仲間に声をかけました。「ゆっくり登ろう」と1泊にしました。
b0013099_00282776.jpg
 黒菱の駐車場まで上がりました。八方は、ゴンドラ乗り場近くの駐車場が、すぐ一杯になり、有料駐車場を使わなければならないケースが多々あります。その点、最近は利用者が増えたとはいっても、余裕があります。それに、ゴンドラ料金分が安い。
b0013099_00290164.jpg
 13日は快晴。とはいっても雲海の上です。360°雲の上にそびえる山々を楽しみながらの登山です。第2ケルンまでの木道に人が連なっています。予定通り尾根コースを登りました。寒さ対策をしてきたので、暑い。
 八方池へは帰りに寄ることにして第3ケルンへ。大展望です。北側には白馬三山が鎮座し、北東に我がふるさとの山々=雨飾から焼山、火打山、妙高山が連なり、さらに乙妻・高妻山、戸隠連山、西岳、小さな富士山のような一夜山へと続きます。そして飯綱山。南を見れば、五龍岳、そして鹿島槍ヶ岳の双耳峰がそびえています。
b0013099_00300168.jpg
 下の樺から上の樺を過ぎると、今はもう枯れ野となったお花畑のトラバースになります。ナナカマドの赤い実が、ひと際鮮やかに見えます。
 扇雪渓で一休み。お印(おしるし)程度の残雪が、雪渓の名残をとどめていました。丸山に上がると、展望が開けます。白馬三山はもちろん、不帰嶮が、間近に、大きく、圧倒してきます。
b0013099_00304611.jpg
 山荘へのトラバースにかかる所で「通行止め」の標識があり、尾根ルートへ誘導されていました。下から見た時、トラバースに人っ子一人いないので「アレッ」と思っていたのです。尾根ルートは、今までは「一般道」ではなかったのですが、きれいに整備されていました。すぐに「土砂崩れ」のあとが見えました。巨大です。「大雨で崩れたのかな?」と、思いました。
 トラバースは、五龍と鹿島槍しか見えませんでした。尾根コースは、三山と不帰も見えます。展望がグッと良くなりました。能天気にも「不幸中の幸いかな」と思いました。

 唐松岳頂上山荘で、宿泊の手続き。今日が最終日とのこと。「インターネットではそんな情報はなかったがな!」と思いました。

 ザックを置いて、頂上を往復することにしました。
 暗部から少し上がったところで、雷鳥に遭遇。雄の若鳥です。一心に何かをついばんでいました。
 頂上では、すべてが雲に覆われ、何も見えず。
 帰路、例の場所で再び雷鳥。向こうから駆けてきます。我々の脇を(無視しているのか)通り抜けて、上へ上へと登っていきました。

 夕食前、缶ビールを開け、そして持参の清酒も。心地よい酔い。
 夕食後、深い眠りに落ちました。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-16 00:31 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2018年 10月 07日
20181007 【町内会】防災訓練
 台風25号が通過する中での防災訓練でした。

 「台風来るんだけど、防災訓練やるんですか?」
 「災害って、晴れの日に来るとはかぎらんだよね。実戦そのものの訓練ができるんじゃあないの。」
 そんな会話を交わしながらの防災訓練でした。実際は何人参加してくれるか、心穏やかではありませんでした。

 当町の訓練は、炊き出しの準備をするだけの、まさにぶっつけ本番の訓練です。
 それでも理事は、10時開始の1時間前に集まって、点検します。その頃から雨が少し強くなりました。
 気の早い人はいるもので、10時前から「どこに集合するの」と、集まってくる人が何人かいます。「町内放送で、指示するから・・・」
 「訓練、訓練。大雨で関川が氾濫しそう。避難指示が出されました。」と放送する間もなく、一時避難場所の町内会館裏の広場に、続々と集まってきました。各組長に人数を確認してもらいます。75世帯の町内で、子ども(10人ほど)を除いて48人が参加してくれました。それだけで感動です。
 テントの設営。飯盒での飯炊き。トン汁の過熱。

 雨脚が強まったので町内会館に避難し、大滝利彦防災士会長の講話。入り口では、マルトミ商会さんが、防災機器の展示と説明。

 再びテントに戻り、飯盒の御飯のおにぎりとトン汁。「昼間近だから」の予想で多めにつくったおにぎりとトン汁が余ってしまいました。

 片付けが終わるころ、小雨になりました。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-07 13:33 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 10月 07日
20181007 【雨】予報にないぞ
 台風25号が昨夜から早朝にかけて、通り過ぎていきました。もう北海道あたりに行ったことでしょう。

 昨日の昼間は32℃の真夏日でした。台風に吹き込む南風。フェーン現象が重なったためだと思います。あの8月の暑さから解放されて「やれやれ」と思っていたところへの真夏日ですから、身体にきつかったですね。

 今日(7日)の天気予報は、風は強いものの「晴れ」でした。それが今、雨が降り出しました。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-07 08:38 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 06日
20181006 【台風】25号襲来
 台風25号が急速に発達しながら、北上してきています。
 今晩、日本海を縦断して、明日の朝には、北海道の西まで行くようです。
 このところの台風襲来。週末をねらってやって来るようです。

b0013099_10021789.jpg



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-06 10:01 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 06日
20181006 【妙高山】紅葉し始めた
 嵐(台風25号)の前の静けさ。朝から青空が広がっています。
 妙高山の山全体が赤みを帯びてきました。紅葉が始まったようです。例年15日頃が真っ盛りです。
b0013099_09064626.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-06 09:06 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 04日
20181004 【町内会】訃報
 訃報が届きました。町内の東山和子さんです。享年91歳。通夜と葬儀ともに参列しました。

 東山さんには、選挙事務所をお借りしましたので、たいへんお世話になりました。そんな縁で時々話をさせてもらったものです。

 かつて、祇園祭で当時の婦人会と子供会が、町内民謡流しをした時の、踊りの先生でした。妻も小学生だった娘たちも、東山さんから指導を受けて、踊りの輪に加わりました。
 選挙事務所をお借りした頃は、書道に熱中しておられました。葬儀の式場に、その一端が展示されていました。

 町内の高齢の方が、ポツポツと亡くなられて行きます。戦後の町内を支えてこられた方々です。寂しい限りです。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-04 17:56 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 10月 03日
20181003 【健康】人間ドック
 3日午後、毎年行っている人間ドック健診で上越医師会へ行ってきました。
 午後の健診でしたので、わずかな朝食だけで、昼食抜きですから、強い空腹感に襲われながらの受診になりました。

 この検診でいやなものが一つあります。肺活量などを調べる検査です。丸い筒状のものを口にくわえさせられ、鼻を洗濯ばさみの大きいようなものでつままれます。
 日頃、鼻で呼吸していて、口で息をするのは登山の登りで苦しくなった時くらいです。その時でも大きな口を開けてなんてことにはなりません。昔トランペットを吹いていた時にそういう呼吸法になったようです。
 そして丸い筒を加えると、涎がどっと出てきますが、これをどうすることもできないのです。

 検診そのものは極めて順調に終わりました。
 問診で
 「薬は何も飲んでいないのですね」
 「どこも悪いところはないようですね」
と、言われました。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-03 16:38 | 家族・家事 | Comments(0)
2018年 10月 02日
20181002 【台風】一過、秋晴
 台風が通り過ぎて、秋晴れの空が広がりました。私達の地域では、幸い、大きな被害がありませんでした。

b0013099_08290084.jpg



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-02 08:28 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【蝶】ボロボロのミドリヒョウモン
 ヒョウモンチョウが飛んできて花に停まりました。翅はボロボロです。長い間、飛び続けていたのでしょうか。風雨にさらされて、こんなになったのでしょうか。
b0013099_09533813.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:53 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【蝶】彼岸花にアゲハチョウが
 アゲハチョウがやってきて、ヒガンバナに停まりました。少し翅を動かいながら、細い口を延ばして、蜜を吸いだしました。
b0013099_09493910.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:49 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【蝶】ウラギンシジミ
 この蝶も、もともとは南国の蝶です。飛翔すると裏面の銀色がピカッと光ります。最近は上越でも普通に見ることができます。
b0013099_09442578.jpg
b0013099_09443657.jpg

[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:44 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【蝶】ツマグロヒョウモン
 少し大きめのヒョウモンチョウが飛んできました。ツマグロヒョウモンです。
 元来は南方系の蝶で、私が高校生の頃は、「四国の産」といわれ、北陸では見ることができない幻の蝶でした。最近は普通にいます。
b0013099_09402771.jpg
b0013099_09403851.jpg



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:40 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【蝶】ベニシジミとイチモンジセセリ
 草むらを元気よく飛び交っている小さな蝶がいました。

【ベニシジミ】
b0013099_09344204.jpg
【イチモンジセセリ】
b0013099_09345310.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:35 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【植物】ムクゲ
 ムクゲの花が咲き続けています。確か、8月の初めころから咲きだしたように思います。まだまだ咲き続けそうです。

b0013099_09300454.jpg
b0013099_09302335.jpg
b0013099_09303899.jpg

[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:30 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【植物】草に埋もれて
 ご近所のお宅。美しいピンクの花が、草に埋もれて咲いていました。
b0013099_09254467.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:26 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【町内会】広報じょうえつなどを届ける
 早いもので9月が過ぎ去り、10月になってしまいました。

 29日、二つの集まりの前に、10月1日号の「広報じょうえつ」などを仕分けし、組長に届けてきました。
 町内会長として、月2回の大事な仕事です。そのたびに「1ヶ月って早いな」と思います。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:04 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 30日
20180930 【おおしう道の会】室幸次郎と信越線講演会
 29日は、坂口謹一郎博士標柱披露に引き続き、会場を東本町4丁目町内会館に移して、「室幸次郎と信越線」の講演会でした。
 講師は鉄道研究家の小山幸司さん。約30人が、熱心に聞き入りました。

b0013099_11233656.jpg



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-30 11:23 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 30日
20180930 【おおしう道の会】坂口謹一郎博士生誕地標柱
b0013099_10384217.jpg 昨日29日、坂口謹一郎博士生誕地標柱のお披露目会を行いました。おおしう道界隈の歴史を学ぶ会(おおしう道の会)の主催で20人ほどの人たちが集まりました。
 坂口謹一郎博士は、越後高田鍋屋町(現、東本町5丁目)で生まれました。昨年が「生誕120周年」の年でした。おおしう道の会では、昨年9月に「記念講演会」を行いました。その際、「晩年を過ごされた頸城区にはいろいろあるのに、生誕地に何もないのは・・・」ということになり、「標柱を建てよう」ということになりました。
 それで今年の上越市の地域活動支援事業に応募し、採択され、標柱建立に至ったものです。

 お披露目会では、会を代表して私が、経過を話し、生誕地の位置(下図)などについて説明しました。明治36年度版「高田町及高城村全図」からのものです。
 戦後になって、稲田橋が架け替えられ、荒川が河川改修で大きく広がりました。生誕地である「長岡工業会社高田製油所」は、現在では関川の河川敷になってしまっています。
 それで標柱には「ここより北200m」と表記しました。
b0013099_10381539.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-30 10:39 | ●町内会 | Comments(0)