カテゴリ:●町内会( 511 )

2018年 10月 07日
20181007 【町内会】防災訓練
 台風25号が通過する中での防災訓練でした。

 「台風来るんだけど、防災訓練やるんですか?」
 「災害って、晴れの日に来るとはかぎらんだよね。実戦そのものの訓練ができるんじゃあないの。」
 そんな会話を交わしながらの防災訓練でした。実際は何人参加してくれるか、心穏やかではありませんでした。

 当町の訓練は、炊き出しの準備をするだけの、まさにぶっつけ本番の訓練です。
 それでも理事は、10時開始の1時間前に集まって、点検します。その頃から雨が少し強くなりました。
 気の早い人はいるもので、10時前から「どこに集合するの」と、集まってくる人が何人かいます。「町内放送で、指示するから・・・」
 「訓練、訓練。大雨で関川が氾濫しそう。避難指示が出されました。」と放送する間もなく、一時避難場所の町内会館裏の広場に、続々と集まってきました。各組長に人数を確認してもらいます。75世帯の町内で、子ども(10人ほど)を除いて48人が参加してくれました。それだけで感動です。
 テントの設営。飯盒での飯炊き。トン汁の過熱。

 雨脚が強まったので町内会館に避難し、大滝利彦防災士会長の講話。入り口では、マルトミ商会さんが、防災機器の展示と説明。

 再びテントに戻り、飯盒の御飯のおにぎりとトン汁。「昼間近だから」の予想で多めにつくったおにぎりとトン汁が余ってしまいました。

 片付けが終わるころ、小雨になりました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-07 13:33 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 10月 04日
20181004 【町内会】訃報
 訃報が届きました。町内の東山和子さんです。享年91歳。通夜と葬儀ともに参列しました。

 東山さんには、選挙事務所をお借りしましたので、たいへんお世話になりました。そんな縁で時々話をさせてもらったものです。

 かつて、祇園祭で当時の婦人会と子供会が、町内民謡流しをした時の、踊りの先生でした。妻も小学生だった娘たちも、東山さんから指導を受けて、踊りの輪に加わりました。
 選挙事務所をお借りした頃は、書道に熱中しておられました。葬儀の式場に、その一端が展示されていました。

 町内の高齢の方が、ポツポツと亡くなられて行きます。戦後の町内を支えてこられた方々です。寂しい限りです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-04 17:56 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 10月 01日
20181001 【町内会】広報じょうえつなどを届ける
 早いもので9月が過ぎ去り、10月になってしまいました。

 29日、二つの集まりの前に、10月1日号の「広報じょうえつ」などを仕分けし、組長に届けてきました。
 町内会長として、月2回の大事な仕事です。そのたびに「1ヶ月って早いな」と思います。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-10-01 09:04 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 30日
20180930 【おおしう道の会】室幸次郎と信越線講演会
 29日は、坂口謹一郎博士標柱披露に引き続き、会場を東本町4丁目町内会館に移して、「室幸次郎と信越線」の講演会でした。
 講師は鉄道研究家の小山幸司さん。約30人が、熱心に聞き入りました。

b0013099_11233656.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-30 11:23 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 30日
20180930 【おおしう道の会】坂口謹一郎博士生誕地標柱
b0013099_10384217.jpg 昨日29日、坂口謹一郎博士生誕地標柱のお披露目会を行いました。おおしう道界隈の歴史を学ぶ会(おおしう道の会)の主催で20人ほどの人たちが集まりました。
 坂口謹一郎博士は、越後高田鍋屋町(現、東本町5丁目)で生まれました。昨年が「生誕120周年」の年でした。おおしう道の会では、昨年9月に「記念講演会」を行いました。その際、「晩年を過ごされた頸城区にはいろいろあるのに、生誕地に何もないのは・・・」ということになり、「標柱を建てよう」ということになりました。
 それで今年の上越市の地域活動支援事業に応募し、採択され、標柱建立に至ったものです。

 お披露目会では、会を代表して私が、経過を話し、生誕地の位置(下図)などについて説明しました。明治36年度版「高田町及高城村全図」からのものです。
 戦後になって、稲田橋が架け替えられ、荒川が河川改修で大きく広がりました。生誕地である「長岡工業会社高田製油所」は、現在では関川の河川敷になってしまっています。
 それで標柱には「ここより北200m」と表記しました。
b0013099_10381539.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-30 10:39 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 26日
20180926 【町内会】稲荷宮の秋祭
 25日、町内の稲荷宮の秋祭でした。
 未明から、雨が降り続いていました。
 「雨の秋祭って初めてだよね」
というほど珍しいことです。
 無病息災を願う神事は、直江八幡宮宮司によりとどこおりなく執り行われました。

b0013099_11542074.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-26 11:54 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 22日
20180922 【町内会】南地区町内会長連絡協議会
 18日、南地区町内会長連絡協議会の研修会で糸魚川市を訪問しました。昨年暮れの糸魚川駅北大火の概要とその後の復興状況を聞き、町内会として何ができて何ができないかを学ぶためです。

 大火の際にホースを握って消火に当たった消防署の職員が、スライドを使って大火の状況とその中で市民がどう行動したかを、丁寧に説明してくれました。

 糸魚川駅北大火は、年末の12月22日午前10時20分頃に出火し、鎮火したのは翌23日の16時30分でした。1日半も燃え続けたのでした。
 当初から「フェーン現象が大火を引き起こした」といわれていました。あらためてフェーン現象の恐ろしさを知ることができました。年末の本来は冬の寒さの中、気温18.4℃湿度54.7%はという蒸し暑さは、まさに異常です。通常この時期は北西の季節風が吹いているのですが、北アルプスから吹き降ろしてくる最大瞬間風速27.2m/秒の南南東の強風が吹き荒れていたのでした。
 その強風にあおられて「飛び火」があちこちで発生したといいます。
 「1件の火災には対応できた」
 「一度に10件もの火災が発生したような状況」
 「糸魚川消防の消火能力をはるかに超えた」
ということが、いろんな形で現れたようです。

 火災現場は古い住宅の密集地です。高田の町屋と状況は似ています。
 ある町内会長から「21日に北城高校の北側で火災があった」「南風にあおられれば、同じような大火になったかもしれない」との話がありました。一日の違いが明暗を分けたような感じです。この火災の煙はわが家にも届いていたことを思い出しました。

 説明を聞いて「市民は意外と冷静だったのだな」と感じました。それが一人も死者を出さなかったことにつながったのではないかと思いました。

 復興現場を視察し、加賀の井酒造を訪問しました。復興の足取りが何度もマスコミで取り上げられた酒造所です。「復興の一助に」と大吟醸を購入しました。

糸魚川市駅北大火の概要(糸魚川市)
HOPE糸魚川
糸魚川市大規模火災を踏まえた今後の消防のあり方に関する検討会(総務省消防庁)



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-22 07:26 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 18日
20180918 【町内会】講演会
 おおしう道界隈の歴史を学ぶ会では、29日に坂口謹一郎博士生誕地標柱の披露と「室孝次郎と信越線」と題する講演会を開きます。
 その案内チラシを町内に配りました。
b0013099_08252298.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-18 08:25 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 18日
20180918 【町内会】「暁光」
 毎月15日付の「広報じょうえつ」に合わせて、町内会ニュース「暁光」を発行しています。8月は1日に発行(15日付の「広報じょうえつ」が休刊)したため、盛りだくさんになり、3ページ建てになりました。
b0013099_08153142.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-18 08:15 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 09月 16日
20180916 【町内会】ひろばの除草は中止
 先週9日に予定していた暁光ひろばと稲荷宮の除草と清掃は雨のために、今日16日に延期していました。
 その今朝もまた雨。7時前には上がりましたが、草たちは雨でビショビショ。とても除草できる状態ではありません。
 いったん「中止」とし、晴れ間を見て有志でやることにしました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-09-16 07:49 | ●町内会 | Comments(0)