カテゴリ:国政( 257 )

2018年 04月 17日
20180417 【国政】政権が明るい未来を語れなくなったら
b0013099_14275634.jpg 政権が明るい未来を語れなくなったら、おしまいだなと思う。  「財務省は、お先真っ暗な日本を描くことに懸命です」で始まるこのコラム記事を読んで、真っ先に思った。
 「少子高齢化」に対する処方箋が間違っているからだ。
 「雇用の再建とセットで子育て支援を抜本的に強め、結婚・育児にの環境を整えれば、人口にも経済にも社会保障にも全く別の未来が開けるでしよう」
 安部政権とは、真逆の施策・方向だ。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-04-17 13:57 | 国政 | Comments(0)
2018年 03月 25日
20180325 【憲法】護憲VS改憲
 小林よしのり氏が、ブログに面白いことを書いていた。その一部を借りる。【 】の文章を付け加えた。

松竹伸幸氏はわしと対談したこともあるし、「ゴー宣道場」に来てもらったこともある。
この人がまた不思議で、改憲が45点で、護憲が55点という自己評価をしている。

「日本の安全は確保して、けれども海外派兵までして殺したり、殺されたりはよくないよね」と思ってるそうだ。
なんだ、わしと同じだ。
【なんだ、それは日本共産党の考えと同じだ】

「自衛権さえ否定する」のはまずいと思っているらしい。
なんだ、わしと同じだ。
【なんだ、それは日本共産党の考えと同じだ】

「護憲論が原理主義化してはいけません」
なんだ、わしと同じだ。
【なんだ、それは日本共産党の考えと同じだ】

それで安倍加憲案は、自衛隊を個別的にも集団的にも認めることにつながる」から反対だそうだ。
なんだ、わしと同じだ。
【なんだ、それは日本共産党の考えと同じだ】




[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-25 22:31 | 国政 | Comments(0)
2018年 03月 15日
20180315 【確定申告】提出してきました
 所得税を取られるほどの年金ではないので、確定申告はしなくても良いのですが、14日の昼頃に提出してきました。市民プラザの会場には、相変わらずたくさんの人が順番待ちをしていました。私の場合、国税庁のホームページで入力して印刷したものを提出するだけです。投函箱に投函するだけで終わりです。

 何年か前、「年金収入だけ。400万円以下は申告不要」という案内が来て、申告しなかったことがありました。翌年、相変わらず所得税は「0」でしたが、介護保険が上がりました。それでその年、確定申告をしたら、翌年元に戻りました。何か他の要因があったのかもしれませんが、ずっと確定申告することにしているのです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-15 06:54 | 国政 | Comments(0)
2018年 03月 02日
20180302 【核兵器】防衛には役にたたない
 核兵器は、自国の防衛には役にたたない。
 普通に考えると、防衛とは、侵入してきた敵をやっつけることであろう。自国での戦闘に対処する、自国内での戦争を想定しているのである。
 ここで核兵器を使ったらどうなるか。犠牲になるのは、侵入者だけではない。当然のことながら自国民もまた犠牲になる。人数からすれば、自国民の方が圧倒的に多いはずだ。
 たくさんの自国民を犠牲にしてまで、侵入者に対して核兵器を使う必要があるのかが問われるのである。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-02 20:59 | 国政 | Comments(0)
2018年 03月 02日
20180302 【核抑止】4000発でも足りない
 「ペリーの道」を見ていて、思い出したことがある。
 オバマ政権時代、核兵器削減が進められようとしたことがあった。それがトランプになって、大転換されようとしている。アメリカは、4000発の核弾頭を保有している。新型巡航ミサイルを開発して、核戦力を強化するというのである。
 4000発で脅しても効果がない(核抑止できない)と、言いたいのかも知れない。

b0013099_20431439.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-02 20:38 | 国政 | Comments(0)
2018年 03月 02日
20180302 【核戦争】ペリーの道
 NHKーBSで、「ペリーの道」というのをやっていた。アメリカの元国防長官が、核戦争についての、自らの経験を語っている。
 核戦争については、いろいろ言われている。しかし、今、核戦争が勃発する現実の危険は、この画像に書かれている「制御不能の力によって意図せず核戦争になること」であろう。


b0013099_19563881.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-02 19:52 | 国政 | Comments(0)
2018年 03月 02日
20180302 【裁量労働制】削除させた
 「裁量労働制」という定額で働かせ放題の制度。安倍首相が「全面削除する」と表明した。野党の結束した追究が、追い込んだ。
 それでも安倍首相は、「残業代0」に固執しているという。労働者をタダ働きさせようという執念は、凄まじい。油断はならない。
 昔は、残業の割増分を払わないということが大問題になった。「残業代0」は、割増だけでなく、本体部分も払わないのだから、より悪質だ。

b0013099_08185617.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-02 08:18 | 国政 | Comments(0)
2018年 02月 19日
20180219 【五輪】真夜中の競技
 葛西のジャンプです。今は、真夜中です。選手にとっては過酷です。

b0013099_22063883.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-19 22:01 | 国政 | Comments(0)
2018年 02月 19日
20180219 【本音】騙されると思っているんだ
 ついつい本音を語ってしまうものですね。

b0013099_20431708.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-19 20:40 | 国政 | Comments(0)
2018年 01月 19日
20180119 【JR】列車立ち往生
 11日からの大雪で、三条市にあるJR東日本の踏切付近で、普通列車が立ち往生した。立ち往生してから除雪車が到着し運転再開するまでに15時間もかかったという。なぜ、こんなことになってしまったのか。検証が必要だろう。

 新潟日報は「JR東日本は、雪国の本県で列車の運行を続けてきた実績を持つ。」と書いている。「雪国の本県で列車の運行を続けてきた実績を持つ」のは、JR東日本ではなく「国鉄」時代の話である。分割民営化でJR東日本になってからは、たいへんお粗末だったのである。
 「国鉄」時代には、駅ごとに付近の住民から「除雪作業員」になってもらい、駅構内や付近の踏切の除雪を、スコップなどでしてもらっていた。そんな制度はJRになって廃止されてしまった。
 「国鉄」の時代だったころには、直江津駅に除雪基地があった。主に直江津~妙高高原間(信越山線)の除雪に当たっていた。JR東日本になってから、除雪基地は長岡に統合されてしまった。冬期になると、直江津駅に除雪車が待機していたが、メンテナンスなどは長岡が受け持っていたし、応援除雪車の派遣も長岡からだった。緊急の対応は、当時から不可能だった。
 信越山線の雪は重い。その雪に対処するためには、「重量級の除雪車が必要だ」といわれ、そういう除雪車が配備されていた。そんな除雪車を配備すると費用がバカにならないということで、長野県は並行在来線として長野~妙高高原間を分離することに反対していた。旧国鉄マンから「ダンプでする仕事を、いくら新車だからといって、軽トラでは役に立たない」と聞いた。

 私の父は、国鉄直江津でSLの機関士をしていた。そのころの話である。あの38豪雪(昭和38年~39年にかけての豪雪)の時、あの重いラッセル車が春日山駅付近で雪に乗り上げて脱線してしまった。安易にバックすると被害が拡大するので、救援ラッセル車を待ったそうだ。父は歩いて家にたどり着いた。

 新潟県を走るJR東日本の列車は、太平洋岸(雪が降らない都会地)を走っていた列車のお下がりである。車両そのものが雪国仕様になっていないと思われる。8両・10両・12両編成の車両を、2両・4両に細分化して使っている。今でもちょっと雪が降ると、都会の電車はすぐに立ち往生してしまう。そういう電車が信越線を走っているのだある。

 民営化でJRは、経費削減・コストダウンを強いられた。その結末がJR北海道の「50%廃線」だったり、今回の「立ち往生」だったりするのではないかと思う。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-01-19 23:03 | 国政 | Comments(0)