人気ブログランキング |
    

カテゴリ:●登山・ハイキング( 760 )

2019年 05月 22日
20190519 【登山】信越トレイル第3セクション-続き
 富倉峠からは比較的緩やかな登り下りが続いていましたが、黒岩山の登りに差し掛かると、やっと登山らしい登りになりました。そんなところに西側の林が切れて、パッと開けた所がありました。素晴らしい展望です。まだたくさんの雪を頂いた妙高と火打がデーーーンとしています。左に高妻山、黒姫山と続いているのでした。
b0013099_07174421.jpg
 黒岩山はトレイルのルートから離れた所にあります。
 「山頂まで150mほどだけど、行きますか?」
 「せっかくだから、行きましょうよ」
ということで、行ってみました。樹木が生い茂った緩やかな頂上です。道からそれた所に三角点がありました。築造した時は、きっと樹木が小さく展望が良かったのでしょう。
 戻って、分岐から下ります。急な下りです。左に回り込んだ所に東屋がありました。黒岩山展望台です。東側が開いていて、真下に飯山の街、その先に高社山から出てくる新幹線、野沢温泉の奥の山々と続いています。
 少し時間が早いのですが、ここで昼食休憩。

 桂池へと向かいます。ほぼ360°のヘアピンカーブがあり、熊の巣池。水芭蕉の群落。植生回復のため付けられた道を下ります。太郎清水への分岐を行かず、真っ直ぐに桂池へと降りました。
b0013099_11002935.jpg
b0013099_11045326.jpg
 池の縁を行くと、上平丸からの車道に出ます。車が停まっていて、釣り人がいました。
 「何が釣れますか?」
 「バスです」
 誰かが「バスは放流して欲しくないんですよね」と。

 「セクション3は仏ヶ峰までですが、そこの登山口までは道が狭くてバスが上がって来れないので、スキー場の下まで降りなければならないんです。仏ヶ峰までは片道で1時間半から2時間かかります。1時間ほど行ってみてそこから戻ることにしますが、それで良いですか?」
 「そうしましょう。」
b0013099_11032375.jpg
 それまでも、コゴミ、ゼンマイ、ワラビ、キノメなどを収穫していたのですが、今度はもっと本格的です。中古池の先まで車道が伸びてきていました。中古池は桂池と比べると落ち着いた雰囲気の池です。北古池湿原は、登山道からは見下ろす感じ。まだ雪が消えたばかりのようで、枯れ草に覆われていました。
b0013099_11053281.jpg
 その湿原から流れ出るせせらぎを渡った所に畑のようなコゴミの群落があり、そこから引き返すことにしました。
b0013099_11055460.jpg
 バスは電波塔への入口で待機していました。曲がりくねった細い道。
 暁の湯で汗を流して帰路につきました。




by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2019-05-22 11:06 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2019年 05月 22日
20190519 【登山】信越トレイル第3セクション-前段
 19日は、遊歩会の今年2回目の登山で、信越トレイルの第3セクション、湧井から桂池までを歩きました。25人の募集に対して32人の申し込みがあり、5人のキャンセルがあって、27人で歩きました。
b0013099_07165516.jpg
 前夜から強風が吹き荒れていたのですが、朝には何故かその風が収まってくれました。
 長沢川が長野県に入ると松田川と名を変えます。分水嶺の手前に湧井集落があります。登山は、国道292号の集落入口から、いきなりの急登で始まります。トキワイカリソウが群れを成して咲いています。雪消えが遅かったのでしょう、かわいいチゴユリがあり、エンレイソウも、少し行くと今度はオオイワカガミが色どりを添えてくれます。
b0013099_07171901.jpg
 富倉峠。かつて越後と信濃を結んだ交易路です。
 292号の富倉から飯山に通じる、かつての交易路です。すぐそこに、石垣を積んだ富倉からの道が来ています。それが飯山に向かって下って行っています。関田山脈には、こうした交易路がたくさんあります。そしてその峠の名前は、平丸峠・関田峠・牧峠とほとんど越後側の部落の名前が付いています。越後・春日山が中心だった名残です。
 川中島の合戦に何万という上杉軍が出陣しますが、当然一つの峠からでは人が溢れてしまいます。これらの峠は、軍用道路でもあったわけです。飯山が手に取るように見えますが、尾根伝いに、のろしを上げた所や物見の場所があります。


 大将陣。大きな看板が立っています。
 「上杉謙信がここで兵を休ませたので「大将陣」と呼ばれています。ここを通過する峠道は「謙信道」とも呼ばれており、川中島合戦の際の軍事道路として、関田峠とともに上杉家所蔵の古地図には特別に太い線で記されています。」
b0013099_09492046.jpg
 ソブの池。農耕用のため池です。こういう池が信越トレイルのあちこちにあります。草刈りをする人がいました。北峠には、軽トラが上がってこれる道が十字をなしています。




by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2019-05-22 07:18 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2019年 05月 06日
20190506 【登山】鍋倉山・黒倉山
b0013099_22351158.jpg この時期毎年登っている関田山脈(信越トレイル)の鍋倉山・黒倉山に、登って来ました。 少し前の天気予報では、真っ赤な太陽マークでしたが、「午後から雨」に変わっていました。それで、「雨が降る前に降りて来よう」と出かけました。

 巨木の谷入口の駐車場には、数台駐車していて、除雪してない車道を歩いている人の姿がありました。
 少し戻って沢の右岸から取り付きます。稜線までは、広い急な雪面。所々にブナが林立しています。その間を縫って直登します。陽射しが暑い。
 広い稜線に出る。どこもかしこもブナ。小鳥が、忙しげに飛び回っています。遠くでキツツキのドラミングが。
 緩やかな稜線が、鍋倉山の山頂まで続いています。ボーダーが二人、雪を削っていました。こんな山頂近くで、練習コースを整備していたのでした。
b0013099_22355068.jpg
 山頂には、二人のスキーヤーがいました。「西の谷を滑ります。」「その谷を登って来ました。」
 火打山、妙高山が素晴らしい。黒姫山、飯縄山が左に連なっています。右は、容雅山から大毛無山、南葉山、そして日本海まで。
b0013099_22373070.jpg
 頂上の標識が雪に埋もれて見えません。まだ、2㍍を超える残雪です。
b0013099_22370887.jpg
 黒倉山に向かって行くと、スキーヤーが一人、登って来ました。「谷を滑り、また登って来ました。」「昨日は、槍にいました。」
 すごい人がいるもんだ。
b0013099_22375303.jpg 黒倉山の山頂から関田峠方向に少し下った所から、緩やかなブナの斜面を下りました。どこでも好きな所を下れます。谷筋にたくさんの足跡があります。雪が詰まっていて、落ちる心配がないのでしょう。 先程のスキーヤーが、下って行きました。
 あっと言う間に駐車場に到着。
b0013099_22381912.jpg
 温泉に行く前に、19日の遊歩会の信越トレイルの下山口の下見。
 「とん平スキー場」が分かりません。地元の人に聞いて、ようやく分かりました。が、とてもバスが上がれるような道ではありません。
 「こりゃあ、ダメだな!」

 暁の湯で汗を流し、帰宅しました。



by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2019-05-06 22:13 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2019年 05月 01日
20190501 【登山】放山
 4月28日、能生のシャルマン火打スキー場の奥にある放山へ行ってきました。当初は、27日に行く予定でしたが、天気予報では雨。28日は晴れでしたので、1日遅らせたのでした。

 シャルマン火打の駐車場は、満車状態。10連休の最初の日曜日ということでしょうか。車のナンバーを見ると、全国各地から来ているのがわかります。この時期にまで開設しているところは、そんなにないからなのでしょう。
 リフトの切符売り場に列ができていました。リフト乗り場にもまた列が。いままでこんなことはありませんでした。
 一昨日昨日と、この辺りは雪だったようです。リフトの頂上駅付近では20cmほども積もったのでしょうか。積雪はまだ2mはありそうです。
b0013099_18113428.jpg
 「パトロール室」に声をかけ出発。「先行者が15人ほどいるよ」とのこと。木々の開けた所から焼山が顔を出します。頂上左肩から白い噴煙が上がっています。雪は締まっていて、踵くらいまでしか埋まりません。
 踏跡が稜線づたいについています。いつもは雪で埋まった大池に降りて、対岸の緩やかな尾根を登るのですが、負担を少なくするために、踏跡を利用することにしました。前方に二つのグループが見えました。そしてしばらくして、その一つのグループに追いつきました。

b0013099_18080884.jpg
 頂上(1189.4m)には予定よりもかなり早く着きました。新雪は50cm位。少し風が強かったので、風の当たらない所を探しながらて、さらに進んでみました。地図で見ると、最高点(約1200m)は、もう少し先のようです。広い緩やかな稜線が続いています。その先に空沢山、さらに先に火打山がそびえ、その右手には噴煙を上げる焼山が。さらにさらにその右には吉尾平を巡る山々、石灰岩の採掘が痛々しい黒姫山、能登半島が黒々と大きく望まれます。
 火打山から左へは、容雅山、不動山、大毛無山が連なり、権現岳・鉾ヶ岳を経て日本海へ。そのはるか先に、白い雪を頂いた佐渡の山々まで見えました。
b0013099_18115760.jpg
 見上げると、二重の七色の輪が太陽を取り囲んでいました。天気は下り坂のようです。
 昨秋採って冷凍してあったキノコと肉、ネギで、「もう食べれない」というほどのうどんをいただきました。

 下山は早い。雪崩や滑落の棄権がないところを見計らってシリセード。あっという間に大池です。
 朝登った稜線に戻ると、春の淡雪が解けて、イワウチワの可憐な花が顔を出していました。
 「雪がなければもっと見事なのに」
 「雪の中のイワウチワもまたいいね」
b0013099_18125755.jpg
b0013099_18131526.jpg
 パトロール室に下山報告をして、下りのリフトに乗せてもらい、麓へ。
 柵口の権現荘で汗を流して帰宅しました。
b0013099_18133116.jpg



by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2019-05-01 18:13 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2019年 04月 24日
20190424 【登山】守屋山
 21日、遊歩会で諏訪湖の南西にある守屋山へ行ってきました。
 遊歩会で守屋山へ行くのは、2回目です。前回は2013年。同じ4月21日でした。あの時は63名、今回は25名。高齢化による会員の減少が如実に表れています。あの時は、長野県と山梨県に、4月とは思われないような大雪が積もり、高速道路が通行止めになるほどで、キャンプ場まで行って「中止」を決め、退却したのでした。
 今回はそのリベンジ。

 天気予報は「真っ赤な太陽」だったのですが、外れてしまい、雲が全天を覆っていました。おかげで、たいした汗をかくこともなく、登ることができました。

 驚いたのは登山口です。山肌を削って「ソーラー発電所」が建設されていたのでした。そして登山道も前回登った道とは変わっていました。キャンプ場の手前にある緩やかな丘も「ソーラー発電所」に様変わりで、さらに工事が進められていました。
 「これじゃあ山全体が、発電所になっちゃうね」

 掘り返された跡。イノシシのようです。幹の食痕はニホンジカでしょうか。植林したばかりの幼樹が、網で保護されていました。
 キャンプ場にはお目当てのザゼンソウがあるはずですが、探して見つかったのは、やつれた1輪だけ。時期が悪かったわけではなく、なくなりかけているようでした。

 ここからは少し急な登りになります。元気な人たちが追い抜いていきました。
 やがて東峰に到着。360度の展望とは行きませんでした。それでも八ヶ岳から南アルプス、中央アルプスが間近に見えました。
 檻のような鉄格子があります。中に鎮座していたのは「守屋山神社奥宮」でした。中嶽を経て、守屋山山頂へ。遊歩会には珍しく、計画した時間と大差なく到着しました。

 東峰から立石コースを下る予定でしたが、急な下りのようなので、変更して登ってきた道を戻ることにしました。
 その結果、予定よりも早く登山口に着いてしまいました。途中でバスの運転手に連絡を取ろうとしましたが、そこは谷間。スマートフォンもガラケイも通じません。文明時代でもそういうことがあるのですね。やっと通じて、バスを待つこと30分。
 その間に、予定していた諏訪大社本宮に参拝するかどうかで採決。結果は「する」が多数で参拝することに。

 諏訪大社は、上社と下社があります。今回訪問するのは、上社本宮です。駐車場に入るとすぐに、
 「案内人は付けますか?」
と、女性が元気な声をかけてきます。
 「いらないよ」
というと、がっかりした様子でしたが、
 「こっちのお店へどうぞ」
と。何とも商魂たくましい。
 意外に思ったのは、切り出した御柱の逆落としは知っていても、その御柱が四つの神社に各4本あるということが知られていないことでした。

 今日の入浴は、カタクラ千人風呂。
 深い風呂です。その上、下は砂利。
 「足の裏のツボを刺激して疲れを取り、明日もまた頑張れということかな」
 「胸まで浸かって適当な水圧がかかり、足からの刺激で元気回復」

 それぞれが、思い思いの感想。
 風呂上がりの生ビールは、いつも格別。

 高速道路を走って、無事山行を終えました。




by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2019-04-24 20:16 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2019年 04月 19日
20190419 【登山】弥彦山
 孫が小学校に入学しました。入学式が県議選挙投票日の翌日で、私は町内会長として地元の小中学校の入学式に「来賓」として参列していましたので、行くことができませんでした。
 「祝いに行こうか」ということで、13日に出かけました。

 その帰り。「そのまま帰るのはもったいない」ということで、弥彦で泊まって、翌14日に弥彦山に登ることにしました。これまでは弥彦神社がある「表」の方から登っていましたが、今回は「裏参道」を登ることにしました。

 裏参道の起点は、西生寺です。合併して長岡市になっていました。大河津分水を下っていったん日本海まで出て、1.5kmほど内陸に駆け上がったところに寺院はあります。付近の棚田だったと思われるところに砂利を入れて駐車場にしてありました。すでに何台も停まっていました。
 駐車場の付近には、ニリンソウがあり、水芭蕉も白い苞を見せています。小川のほとりにはネコノメソウも。
 裏参道は表参道よりも緩やかとはいっても、結構急な登りです。テングスミレ(ナガハシスミレ)、カタクリ、キクザキイチゲなどが、次々と出てきます。そして真っ白なユキワリソウ。
 弥彦山麓を縫うように走る弥彦山スカイラインを横切り、清水平、むささびの宿と過ぎて、能登見平で再びスカイラインに出ます。能登半島は見えませんでしたが、佐渡は大きく見えました。
 途中ですれ違った女性が追いかけてきて、追い抜いていきました。「弥彦神社側に車を停めてあるので、そこまで戻ります。」とのこと。西生寺まで往復するようです。

 弥彦山の山頂にはたくさんの人が集まっていました。「今日は、山開きなんですよ」「これから神事が行われますよ」「ここは2礼4拍」などと、いろいろ教えてもらいました。事前に調べておけば、「特典」があったようです。
 人ごみを避けて、早めの昼食。

 裏参道は、所々、複線になっています。それで下山は、できる限り登りとは違う道を下ることにしました。
 西生寺は大きなお寺です。下りてきたので「拝観コース」を逆にたどることになりました。
 国上山の麓、国上道の駅に併設されているてまりの湯で汗を流し、帰宅しました。




by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2019-04-19 22:27 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2019年 04月 02日
20190402 【信大学士山岳会】70周年記念講演会
 信州大学と信大山岳会は、創立70周年になります。

 信大山岳会と信大学士山岳会は、いくつかの記念事業を計画してきました。
1.70周年記念ヒマラヤ遠征隊
 すでに遠征隊が出発しています。
2.70周年記念ヒマラヤトレッキング
 今秋に、いくつかのコースで実行します。
3.70周年記念講演会
4.山岳会の部室の建設


 「70周年記念講演会」のポスター案ができ、配信されてきました。まだ、若干の手直しがあるようです。
b0013099_10543432.jpg




by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2019-04-02 10:54 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2019年 03月 04日
20190304 【遊歩会】総会開く
 昨日2日、遊歩会の総会を開きました。

 主要な議題は、1年間の登山・ハイキングの計画を決めることです。4月から10月までに5回の登山計画を組みました。
 候補地選定の説明で、次のような話をしました。

 昨年末の忘年会で、出してもらった希望を、三役会で検討しました。
1、片道4時間以上かかる遠隔地を外しました。年齢と体力を考えると、どうしても一泊になります。費用も数万円になります。
2、宿泊を伴うのは1回で、あとは日帰りです。昨年は「平日に」の声に応えて企画してみましたが、効果がありませんでした。「体力に合わせて、ハイキングを増やして」は、継続します。
3、観光会社に、引き続きお願いします。登山にはさまざまなリスクがあります。全てを三役で負うことはできません。手配・諸連絡をお願いします。


 遊歩会も「高齢化」に伴って、「卒業」する人があり、徐々に会員が減少してきています。今年の登録会員数は、60人でした。最高時の半分以下になってしまいました。どう維持して行くかが課題です。




by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2019-03-04 11:45 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2018年 12月 13日
20181213 【火打山】入域料徴収
b0013099_08284813.jpg 10月1日から21日まで行われた火打山・妙高山での入域料徴収実験の結果が公表され、上越タイムス紙に掲載されました。
 記事によると、3459人が入山し、2963人が協力し、約146万円が徴収されたとのこと。
 徴収した入域料の使い道に、関心があることもうかがえます。



by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-12-13 08:28 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2018年 12月 08日
20181208 【遊歩会】役員会
 来年3月3日の遊歩会総会に提案する議題(議案は役員会が提案することになっています。)を整理するための役員会を開きました。役員会は、三役会メンバーと班長・副班長で構成されます。

1.2019年度の登山計画
 3日の三役会で選定した候補地(各日、2ヶ所)を選定理由を含めて提案しました。
 それぞれ意見を出してもらい、各日ごとに多数決で決めました。

2.三役改選-候補者の選定
 正副班長で「選考委員会」を組織します。三役と会計監査は加わりません。
 正副選考委員長の下での協議の結果は、「余程のことがない限り、留任」というものでした。療養中の一人だけ交替することになりました。

3.総会当日の研修会の内容
 「来年行く山のビデオを観る」ということで、8月の一泊登山の山を中心に選定することになりました。




by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-12-08 10:07 | ●登山・ハイキング | Comments(0)