<   2018年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2018年 02月 27日
20180227 【野党共闘】共産党県党会議
b0013099_18102161.jpg 25日に燕市で開かれた日本共産党新潟県党会議を報じた『しんぶん赤旗』記事です。 2016年の参院選と県知事選での勝利、2017年の総選挙での躍進をともにたたかった野党と市民の総結集の場となりました。各来賓のあいさつも、野党共闘に確信を持ったものでした。同時に来年2019年4月の統一地方選挙と7月の参院選を、引き続き野党共闘でたたかおうという、気迫に満ちたものでもありました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-27 18:09 | 日本共産党 | Comments(0)
2018年 02月 27日
20180227 【晴れた】南葉山と妙高山
 午後の市民プラザ。すっかり晴れた空に、南葉山と妙高山が、きれいだった。

b0013099_18055041.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-27 18:00 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 22日
20180221 【地域協議会】つちはし保育園の交通安全対策
 4月からつちはし保育園が開園する。北本町保育園が移転したものである。
 移転にあたって、昨秋高田区地域協議会に諮問があり、「交通安全対策に万全を」との付帯意見を付けて「適当」との答申をした。19日の高田区地域協議会で、その交通安全対策についての報告があった。

 スライドを使っての報告だったが、内容は「保護者と送迎車両の経路を確認した」というものだった。「ウーーーン」。
 質疑に入り、「これでは安全対策にならない」との不満の意見がドッと出た。私も次のような意見を述べた。

1.高田の街中から行く場合、土橋の信号までは行かない。途中で右折して近道をしてしまうだろう。
2.保護者と確認したところで、進入してくる一般車を規制できない。それで事故が起きたらどうするのか。
3.通園時間に限定した「一方通行」の設定を、市の方から警察か公安委員会にお願いすべきではないか。

b0013099_00015802.jpg
上図の赤矢印線が、市として保護者にお願いした進入路線と進入方向で「一方通行」路線。
✖印は、同、通行禁止路線。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-22 00:02 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 02月 21日
20180221 【市政】ゴミ分別区分変更
 新しいクリーンセンターが昨秋シャンこうしたことで、4月からゴミ分別区分が変更になる。1月末からその説明会が開かれている。16日に市民プラザで高田地区の説明会があったので、参加した。50人近くの市民が集まった。

 簡単に言うと、「新クリーンセンターはプラスチック類も燃せるので、これまでの燃やせないごみのいくつかを、燃やせるごみにする」というものである。ただし、木曜日に収集している包装容器は、これまで通りだという。
 これは年寄りには、難しい分別かなと思った。それを想定して、「1年間は、間違って出されても回収します」ということだった。
b0013099_23113976.jpg
 「ダイオキシンが出るのではないか」という質問があった。塩ビを普通に燃せば当然出るが、プラスチック製品がすべてダイオキシンを出すわけではない。「発生しない温度で燃す」とか「塩ビは資源ゴミとして回収する」とかの説明をするのかと思ったが、文系の職員にはちょっと荷が重かったか。不完全燃焼で終わったように思う。
b0013099_23075701.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-21 23:12 | 市政 | Comments(0)
2018年 02月 21日
20180221 【侵略】入植、又は満蒙開拓
 侵略して実効支配した土地。自国に編入するために、そこに国民を住まわせて、あたかも自国の領土であるかのようにみせかける。
 イスラエルやアメリカは、それを「入植」という。かつての日本は、中国侵略を「満蒙開拓」と言った。
 そして日本軍は、その「開拓民」を放置して逃げ帰った。その結果、たくさんの「大地の子」を大陸に残してきた。
b0013099_22375563.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-21 21:42 | ●マスコミ | Comments(0)
2018年 02月 19日
20180219 【五輪】真夜中の競技
 葛西のジャンプです。今は、真夜中です。選手にとっては過酷です。

b0013099_22063883.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-19 22:01 | 国政 | Comments(0)
2018年 02月 19日
20180219 【五輪】昔の映像が流れるわけ
 NHKのオリンピック番組を観ていると、過去のことを再放送していることがあります。
 その理由が判った記事ですね。

b0013099_20503344.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-19 20:44 | ●マスコミ | Comments(0)
2018年 02月 19日
20180219 【本音】騙されると思っているんだ
 ついつい本音を語ってしまうものですね。

b0013099_20431708.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-19 20:40 | 国政 | Comments(0)
2018年 02月 18日
20180218 【書籍】我々はなぜ我々だけなのか
b0013099_22284895.jpg 表題だけからは何の本なのか判らない。副題の「「サピエンス以前」の目もくらむ人類史」が、この書籍のすべてを語っている。
 「国立科学博物館人類研究部の人類史研究グループ長、海部陽介さんにお話をうかがう機会を得て、現在の人類進化学の展開に心をうばわれた」著者(川端裕人)が、「人類学の現場で、研究者が何に着目してどんなふうに議論を展開していくのか、といったことから説き起こすようにつとめ」て書いたものである。

 「主要な化石の産地や現在進行中の発掘調査を見るとともに、標本を慎重に扱って詳細な研究をなしとげていくさまをかなり詳細に描いた。一般書でここまで詳しく書くのは、ある意味で冒険かもしれないが、必要な過程だと判断した」という著者の判断は正しかったし、それは成功しているといえる。実際、研究課程をこのように詳述した書籍は珍しいのではないかと思う。そしてその過程の中に私は、製造会社で製品開発に携わっていた時に経験したこととの共通性を見出した。
 本書は、人類史の最新の知見を扱っている。今でも日々刻刻新しい発見があるこの分野で、最新の情報を紹介しているが、その扱いは非常に慎重である。これにも共感した。

 「人類の歴史についての知識は、どんどん広がっているし、深まっている。それにともなって、人類学が見せてくれる「景色」もずいぶん変わってきている。これを見ないでおく手はない」
 「新たな発見が相次いており、人類学の常識自体が変わった」


 本書を読んで、そのことを痛感した。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-18 22:31 | ●マスコミ | Comments(0)
2018年 02月 15日
20180217 【雷】また雪になるかな
b0013099_08453396.jpg 朝から遠くで雷鳴が轟いていました。それがだんだん近づいてきて、先ほどから頭上でピカッと光ると同時に轟音です。
 「また雪になるかな?」と思っている間もなく、パラパラパラッと降ってきました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-15 12:55 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)