人気ブログランキング |
    

タグ:サマーテント ( 31 ) タグの人気記事

2018年 08月 22日
20180822 【登山】信大学士山岳会サマーテント
 焼岳から上高地に降りてきました。ここには信大学士山岳会がサマーテントを開設しています。今年は11日から19日までです。宿泊し、撤収作業に参加しました。

 18日は、何はともあれ汗を流すために、アルプス観光の風呂につかってきました。
 日が沈むと急激に寒気が襲ってきました。暑さ対策はしてきましたが、寒さ対策は不十分でした。おかげで夜、何度も目を覚ますことになりました。
 今年の設営場所は、岳沢が良く見える梓川の岸辺。眺望は良いのだが、炊事場とトイレが遠いのが難点か。

【夜明け直前の穂高岳】
b0013099_17501624.jpg
【奥穂高岳に陽が当たり始める】
b0013099_17504655.jpg
【朝もやがかかる明神岳5峰】
b0013099_17510133.jpg
【朝のサマーテント】
b0013099_17512227.jpg
【日が昇るにしたがって、くっきりしてきた山並み】
b0013099_17514051.jpg
【・・・】
b0013099_17515803.jpg
【河童橋から昨日登ってきた焼岳をのぞむ】
b0013099_17521325.jpg




by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-08-22 17:58 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2014年 08月 11日
20140811 台風11号接近で槍ヶ岳から逃げ帰る
 何とも異常な台風の動きである。大体が12号の後から11号が来ること自体おかしい。時速15kmは自転車並み。上陸しても早くならず、ノロノロ、ノロノロしていた。
b0013099_1859412.jpg

 8日~10日の予定で槍ヶ岳をめざした。台風が来ていることは承知していた。9日には北上して10日には「台風一過の青空」を期待していたのだが、見事に裏切られてしまった。

 河童橋から見た穂高連峰は、岳沢の途中から厚い雲に覆われていた。台風を予想してか、いつもの人ごみはなかった。
 サマーテントに顔を出す。キーパーの駒井さんと3人の現役部員、それに女性客が一人いた。しばし歓談して出発した。

 横尾の小屋にかかっていた寒暖計は20℃だった。槍沢に入ってしばらくしてから雨が降り出した。槍沢ロッジに着くころには結構いい降りになっていた。
 「風呂に入れます」というので、入った。石鹸もシャンプーも一切使用禁止。汗を流しただけでもさっぱりとする。風呂上りのビールが美味かった。
 汗と雨で濡れたものを乾燥室で乾かす。

 天気の回復は見込めなかったが槍ヶ岳山荘まで行くことにする。時々雨が降るが、大降りすることもなく、傘をさして歩く。
 カメラはザックの中に入れてしまったので、写真は何もない。樹林の暗闇にセンジュガンピが白くうがびあがる。ハクサンフウロが雨にぬれて美しさを際立たせていた。
 大曲を過ぎれば前方に槍ヶ岳が見えるはずなのだが、今日は何も見えない。少し長い残雪がある。去年はなかった。槍ヶ岳も今年は雪が多かったのだろうか。上から降りてくる人たちが、へっぴり腰でこわごわと下って行った。
 ガラ場に入るとハイマツの中にキバナシャクナゲがある。場所によっては花の時期が終わっていたが、雪消えが遅かったようなところは、今が盛りだった。アオノツガザクラやチングルマ、ハクサンイチゲ、シナノキンバイなど色とりどりに美を競っている。
 播隆窟辺りから風が強まってきた。最後の一登りをして、山荘前に出る。ミヤマシオガマの群落がきれいだった。まだ11時だった。
 山荘はガラガラだった。本来ならば掻き入れ時のはずだが・・・。おかげでゆっくりできた。
 午後になって、ますます雨風が強まってきた。台風は最悪のコースをノロノロとたどっている。夕食時、山岳救助隊の人から注意喚起の話があった。
もう一泊する時間的余裕はないので、「明日は即下山」と決める。

 雨対策の身支度を整えて、強風で雨が激しくたたきつけられる中を下山する。少し下ると雨は弱まった。殺生ヒュッテへの分岐に来ると、風も心持ち弱くなってきた。稜線と沢筋では少し違うようだ。どんどん下るが、雨でぬれているので、転倒に気をつける。
 槍沢ロッジまで降りてくると、遭対協の人たちが「今日は登るのを中止してください」と言って、登ってくる人たちに話していた。「ここから次の小屋まで5時間ほどかかります。さらに天気は悪化します。この天候の中を登るのは非常に危険です」。みなさん説明に応じて、ロッジで宿泊の手続きをしていた。
 二の沢の手前くらいから雨足が強まったり、陽がさしたりと目まぐるしく変わり始めた。横尾について、あまりの蒸し暑さに雨具を脱いだ。
 徳沢に着くころから土砂降りになった。こんな降り方は経験したことがない。ビニール傘をさしているのだが、顔に水滴が降りかかってくる。上高地までズーーーーッとこの調子で降り続いていた。
 サマーテントによる。宇都宮氏と現役学生二人、それに女性客が一人いた。
 「宇都宮さん、8日にどこかですれ違うかと思ったのですが・・・」
 「新村橋を渡って明神へ向かったので・・・」
 「それで会えなかったのですね」
 「イワナの塩焼きが食べたくてね」
 雨の中、駒井さんと糀谷さんが戻ってきた。松尾さんと三人で徳本峠の管理人をしていた高山さんに会いに行ってきたのだそうだ。
 もともとの計画ではサマーテントに一泊する予定だったが、このまま帰ることを話して別れた。
 沢渡で汗を流し、帰宅した。

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-08-11 12:44 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2013年 08月 02日
20130728 ルリタテハ-上高地にて
 上高地ビジターセンターの前を通り過ぎたところで、縁石にルリタテハがとまっていました。通りかかった母と子が、「ワアアッ、きれい」と。「ブルーの帯が素敵でしょ。ルリタテハっていうんですよ」「そうですか。ありがとうございました」
b0013099_21433521.jpg

b0013099_21435447.jpg

b0013099_214476.jpg

b0013099_21442151.jpg

b0013099_21444084.jpg


by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-08-02 21:38 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2013年 08月 02日
20130728 上高地のアサギマダラ
 信大学士山岳会の上高地サマーテントで、梓川沿いで撮ったアサギマダラです。
b0013099_2124423.jpg

b0013099_21242616.jpg

b0013099_21244179.jpg

b0013099_2124538.jpg


by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-08-02 21:21 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2013年 08月 02日
20130801 上高地サマーテントから帰る
 昨晩遅くなって強風が吹き荒れていた。それが止むとまた雨になった。その雨は朝になっても降り続いていた。無風状態での雨だ。

 昼過ぎに帰る予定をしていたのだが、この雨ではここにいても何もすることがない。小林キーパーがお孫さんと帰宅するのを宇都宮さんが乗鞍の岡崎宅まで送っていくというので、一緒に行くことにした。
 荷物をまとめてリヤカーに積んだが、雨の勢いは少しも弱まらない。その雨の中をひたすら歩いていく。

 乗鞍のフレンズ岡崎に着く頃にやっと小降りになってくれた。息子さんがおられた。初対面である。
 フレンズ岡崎のご主人岡崎猛さんは、6月15日に急逝された。葬儀には参列できなかったので、線香を手向けさせていただいた。60周年記念の時からだから、そんなに長いお付き合いではなかったが、その後何度かお会いする機会があった。
 コーヒーをいただき、いろんな話をしている間に、陽が射し始めた。9時、おいとまする。

 松本へ向かい始めると気温がどんどん上がって来た。インターで小林さんと別れる頃には、30℃近くになっていた。まさに天と地だ。
 長野に近づくとまたまた雲が空を覆い始め、やがて激しい雨に変わった。「めまぐるしく変わる」「局地的」が今年の特徴のようだが、まったくその通りである。

 家には12時を少し回った頃に着いた。こちらは曇りだった。

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-08-02 13:51 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2013年 07月 31日
20130731 槍ヶ岳に行ってきました
 サマーテントから槍ヶ岳へ行ってきました。
b0013099_2114374.jpg

 槍ヶ岳っていうのは、上高地の真北にあるんだ。はじめて知りました。

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-31 18:12 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2013年 07月 29日
20130729 上高地は雨
 昨夜9時に寝る頃には、星が出ていたのだが、12時前から激しく雨が降りだした。それが朝になっても止まず、ずっと降り続いている。

 早くから帰る人が多いが、この雨の中でも、来る人もいる。サマーテントからも仕事などで5人が帰っていった。

 昨日、家型のテントを仮に建てたのだが、雨や風に弱いので撤去して、別のドーム型テントを建てた。今までのものよりも一回り大きく、新しいので雨漏りもしないので快適だ。人数も少なくなったので全体がそちらに移動することになった。

 もう、11時になろうとしているが、まだ止む気配はない。
 さて、こんなに雨が降り続くと、明日30日からの槍ヶ岳登山をどうするか、心配になってきた。そんな時に立ち寄ってくれた花谷ガイドが、「明日雨が上がり、明後日は晴れ。」というので、それに期待することにした。

 この雨、結局夜になっても止まず、翌朝まで続いたのだった。

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-29 18:22 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2013年 07月 28日
20130728上高地サマーテント
 今日から信大学士山岳会が運営する上高地サマーテントである。

 朝6時に家を出て9時少し過ぎに上高地に着いた。気温は17℃で、涼しい。
 梓川沿いの路傍でアサギマダラが吸蜜していた。
 設営資材を持ってくる他のメンバーの到着を待つ間に、アルプス観光の事務所へ行ってリヤカーを借りて来る。
 「信大学士山岳会です。今年もサマーテントやりますのでよろしく。後で責任者が来ると思います。」
 「こちらこそ、よろしくお願いします。」

 駐車場に戻ると丁度、他のメンバーが到着したところだった。設営メンバーは12人。全部の資材を運ぶのにあと2台のリヤカーを借りて、全部で4往復した。テントの下に敷くすのこやマットが量的には大きい。
 設営は運搬と同時進行で進めたが、それでも1時近くまでかかった。エッセンテント、食堂テント、それに今日宿泊するもののための寝室テント2張である。

 昼食は冷や麦。取りあえず一仕事終わったので、早速、酒宴が始まった。サマーテント20日間の開村式でもある。

 個人装備を取りに行ってくる。ビジターセンターの辺りでルリタテハが吸水していた。
 鹿肉足一本の料理が始まった。筋が多く硬いのでじっくり煮込んで柔らかくするのだという。薪に火がつけられ、鍋がかけれらた。夕食には早速焼いたものがでてきた。

 夕食後、焚き火を囲んで酒宴が続けられた。話は弾み、酒も進む。空には星が瞬いていた。

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-28 18:10 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2013年 07月 27日
20130727 明日から「上高地サマーテント」
 明日から信大学士山岳会が運営する「上高地サマーテント」が始まる。8月18日までの日程。

 私は、明日の設営から、8月1日まで滞在する。一応、タブレットとスマートフォンは持っていくが、その間ブログの更新ができるかどうかは判らない。「うまくいったらご喝采」である。
 30日~31日に槍ヶ岳へ行ってこようと思っている。今日夕方、槍ヶ岳山荘に予約の電話をしたら、「予約無しで泊まれますよ」とのことだった。

 ゆっくり楽しんでこようと思う。

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-27 21:31 | ●登山・ハイキング | Comments(0)
2013年 07月 26日
20130726 信大学士山岳会上高地サマーテント
 7月28日から、信大学士山岳会の上高地サマーテントが始まる。8月17日まで上高地の小梨平に大型テントを据え置いている。
 信州大学関係者のみならず、一般の皆さんも利用可能なサマーテントだ。熱い都会を逃れての避暑、自然を求めて上高地散策、何もしないでただブラブラ、思い思いの夏を上高地で。

信州大学学士山岳会 ホームページへようこそ!
b0013099_21112321.jpg


by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-26 21:05 | ●登山・ハイキング | Comments(0)