タグ:直江八幡宮 ( 66 ) タグの人気記事

2015年 08月 06日
20150806 「おおしう道と直江八幡宮」講演会
 9月5~6日の直江八幡宮秋季例大祭に合わせて、「おおしう道と直江八幡宮」という講演会を開催することになりました。
b0013099_21110225.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-08-06 21:11 | ●町内会 | Comments(0)
2015年 08月 06日
20150806 直江八幡宮秋祭りの準備
 4日夕刻より、直江八幡宮秋祭りの準備のための会合がありました。
 最大の問題は、祭の経費です。形式的(名目上)東本町3~5丁目の3町で負担することになっています。
 こんな提起がありました。

 人口が減っていますし、世帯数も減ってきています。現状の「掛かった費用を戸数割」というやり方では、近い将来1世帯当たりの負担額が多額になり、負担の限界を超える時が来る。対応を考えていく必要がある。

 まさにその通りですね。当面は従来のやり方を踏襲するとしても、「1世帯当たりの負担を一定額に固定する」というような、改善策に移行する必要がありそうです。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-08-06 20:47 | ●町内会 | Comments(0)
2015年 06月 13日
20150613 三町三役情報交換会
 年3回、東本町3、4、5丁目の三町の三役が集まって情報交換会を開いているが、今年度第1回の会合が、12日にあった。

 直江八幡宮の負担金について問題提起があった。現状は、掛かった費用を三町の全戸数で割った1世帯当たりの費用をもとに各町で負担している。この方法だと、高齢化が進み、世帯数が減少してくる中、世帯当たりの負担が増加していくことになるという指摘である。もっともな指摘だ。

 二つ目も直江八幡宮に関わることだが、神輿殿から一対の獅子頭が見つかったことから、この活用方法はないかということだ。「昔、神輿渡御の際、先頭を歩いていた記憶がある」などの話が弾んだ。来年の春まつりに向けて検討していくことになった。

 三つ目もまた直江八幡宮関連である。以前、「おうしゅうみち」について講演会を開けないかという提起があったが、そのことと関連して、また開府400年にも関わって、「おうしゅうみち」と直江八幡宮の歴史・いわれを基調とした講演会を開いたらどうかという提起である。直江八幡宮の祭礼は、春は神輿渡御がありそれなりに盛り上がるが、秋祭りは神事が中心でひっそりとしている。これを何とか盛り上げる方法はないかということでもある。開催するということで準備を進めることになった。

 今回の情報交換会の話題はすべて、直江八幡宮に関わるものだったが、それだけこの神社が地域とのかかわりが大きいということでもあろう。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-06-13 06:41 | ●町内会 | Comments(0)
2015年 05月 27日
20150526 神輿還御
 まつりは、宮元の東本町4丁目を巡行して、直江八幡宮に戻っていきます。

【神社入り口に戻ってきた神輿】
b0013099_07030516.jpg
【社殿に乗り上げて、御霊移しの儀式が始まる】
b0013099_07034279.jpg
【厳かに本日最後の神事が】
b0013099_07042365.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-05-27 07:04 | ●町内会 | Comments(0)
2015年 05月 27日
20150526 神輿渡御
 26日は直江八幡宮の春まつり。神輿が、氏子三町内(東本町3、東本町5、東本町4)を渡御しました。当町の割り当ては、19:10~20:00でした。約40人の担ぎ手が参集。町内を一巡しました。
b0013099_06585829.jpg
 稲田橋近くの吉野板金さん前を出発し、橋際から町内メインストリートに入り、中間点で休憩。その後、町内十字路をいったん直進して戻り、南下してウエカツさん前で一休み。最後は一気に東本町4丁目との境界までです。パップスヤマモトさん前からは両手を伸ばして差し上げ、境界付近で2回転して、引き渡しました。
 町内会館前で子供会会長の音頭で万歳三唱し、散会しました。
b0013099_06591360.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-05-27 06:59 | ●町内会 | Comments(0)
2015年 05月 27日
20150526 子ども神輿
 子ども達が学校から帰ってきたころを見計らって、子ども神輿が町内を巡行しました。
b0013099_06425918.jpg
 それにしてもかわいそうなほど、子どもが少ない。

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-05-27 06:41 | ●町内会 | Comments(0)
2015年 05月 26日
20150526 今日から直江八幡宮の春まつり
 今日26日と明日27日は、直江八幡宮の春まつりです。
 早朝6時から神輿の組立に行ってきました。約1トンの神輿。30人余で横棒や縦棒をセットし、神社の入口に安置してきました。

 実際の神輿渡御は、当町の場合は午後7時10分から8時までの間。今年から十字路の所をライトアップすることにしました。暗闇の中の渡御では、見えませんので・・・。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-05-26 07:44 | ●町内会 | Comments(0)
2015年 04月 28日
20150428 直江八幡宮春季例大祭の打ち合わせ
 直江八幡宮で春季例大祭の打ち合わせ会がありました。5月26日に神輿渡御、27日に神事が執り行われます。
 上半期の予算案を審議し、神輿渡御の時間割や準備作業の段取りなどを決めました。また、秋季祭礼に向けて、奥州道や八幡宮の歴史を紐解く講演会を計画することになりました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-04-28 07:09 | ●町内会 | Comments(0)
2014年 09月 06日
20140906 一喜一憂、神楽舞
 昔は秋祭りでもいろんなことが行われていたが、いつのころからか何もなくなってしまった時期が続いていた。「それでは寂しい」ということで、数年前から拝殿で神楽舞をやっている。メインは、最後に出てくる「鯛釣り爺さん」の「お菓子撒き」だ。
b0013099_12541603.jpg
拝殿はいっぱいの人人人・・・
b0013099_12581074.jpg
天狗の舞
b0013099_12544398.jpg
 獅子舞では、子どもたちの中まで獅子が降りてきて、頭に噛み付くのだが、小さい子は、泣き叫んでそれはもう大変である。
b0013099_12552783.jpg
 今年は拝殿から飛び出して外まで逃げていった子がいたし、泣き叫ぶ子をおじいちゃんが抱っこして外に出て行くという「波乱」があった。
b0013099_12574803.jpg
 最後の鯛釣り爺さんが登場すると、子どもたちの目の色が変わるから不思議だ。
b0013099_12594057.jpg
 お菓子が撒かれると、もう全体がどよめく。大人たちまでつられてお菓子拾いにのめり込むのだから、おもしろいものではある。
b0013099_12595548.jpg
 そんな大騒ぎの中、直江八幡宮の秋祭りは幕を閉じるのである。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-09-06 18:53 | ●町内会 | Comments(0)
2014年 09月 06日
20140906 かわいいお稚児さん
 5日~6日は、直江八幡宮の秋祭りだ。春祭りの時は、神輿が渡御するが、秋にはないので、静かなまつりという感じがする。一般の氏子がやることが何もない野田から・・・。
 6日はそれでも「五穀豊穣」を願って、神事が行われ、氏子町内会の役員やたくさんある兼務社の代表、それに熱心な信者が集まってくる。その神事には、かわいいお稚児さんが参列する。お稚児さんの仕事は、神様にお供えする供物を手渡しすることだ。
 このお稚児さんは何故か、「保育園の年長組の女児」とされている。東本町3~5丁目の「各町内から2人づつ」が基本なのだが、ここのところ、当町では該当する女児がいないので、他の二つの町内にお願いしている次第である。こんなところにも、少子化の影響が現れているといえる。

 ところで、この神事は11時から始まったのだが、その間中、上空でヘリコプターが旋回していた。少し離れた時はまだしも、真上に来た時などは、祝詞も聞き取れないほどだった。八幡宮は戦の神だといっても、これはひどかった。
b0013099_12360622.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-09-06 18:35 | ●町内会 | Comments(0)