タグ:高田区地域協議会 ( 188 ) タグの人気記事

2018年 04月 19日
20180419 【地域協議会】雁木補助金
 16日の高田区地域協議会。平成30年度の雁木整備補助金制度について、担当課の職員が説明に来ました。制度の改善を求める意見書を提出していたのに対応するものです。

 大きな変更点は、「補助率1/2、限度額40万円」が「補助率1/2、限度額45万円」に変わったことです。ちなみに市が用意した補助金の総額は、220万円です。

 私は「この制度に直接関わるものではないが」と断って、次のような話をしました。

 現在本町7丁目の十字路でコンビニの出店工事が進められています。北本町から土橋を渡ってくるこの道路の北側には、以前雁木がありました。コンビニの建物は奥に造られ、雁木は無くなります。
 何人かの市民から「雁木を残そうといっていながら、どうなっているんだ」という意見をいただきました。まったくその通りです。
 現状では、こうした建築に「雁木を残す」ための施策は何も取られていません。町内会長が業者に「雁木を造ってください」とは、とても言えません。言えるのは行政だけだと思うのですが、部署が定まっていません。「これで本当に雁木が残せるのか」とも、言われました。その通りです。
 根本的には、上越市として本気で雁木を残す気があるのかどうかが問われているのだと思います。


20171103 【地域協議会】行政はどう見ているのか?
20171102 【地域協議会】雁木補助制度の意見書に対する回答
20170915 【地域協議会】雁木補助金意見書
20170823 【自主審議】雁木整備補助金制度
20170525 【地域協議会】雁木補助金のあり方
20170419 【地域協議会】雁木整備事業補助金-地域指定は誰が?
20170419 【地域協議会】雁木整備事業補助金



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-04-19 11:25 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 04月 19日
20180419 【地域協議会】高田公園周辺の雨水排水対策
 16日、高田区地域協議会が、福祉交流プラザで行われました。いつもはオーレンプラザですが、観桜会の期間中で駐車場の利用が困難なことが予想されたために、変更されていました。

 自主審議してきた「高田公園周辺の雨水排水対策」について、3月20日付で意見書を提出したという報告がありました。

20180319 【地域協議会】めずらしく早く終わった
20180306 【地域協議会】水害対策の意見書案
20171124 【自主審議】台風21号被害の報告
20171002 【高田区地域協議会】水戸の川視察
20170824 【自主審議】高田公園周辺の雨水排水対策


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-04-19 10:55 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 03月 21日
20180321 【駐車許可証】オーレンプラザ
 (仮称)厚生産業会館がオーレンプラザとしてオープンして、最初の高田城百万人観桜会を迎えようとしています。
 建設にあたっては、基本構想の段階から様々な議論がありました。語損地の方も多いと思いますが、市長から諮問された高田区地域協議会では、「この基本構想ではだめ」という答申を出したのでした。その際にもっとも問題とされたのが、高田公園内に建設するということ、施設に相応した駐車場が確保できないという問題でした。中でも観桜会期間中、交通規制されるので大問題だという声は、多くの市民からも出されていました。
b0013099_16203926.jpg
 19日の高田区地域協議会の会議で、「駐車許可証」が配られました。
 観桜会に来た人や一般市民は、オーレンプラザの利用者以外、駐車場には駐車できません。それで考え出されたのが、誰がオーレンプラザの利用者かを識別するための「駐車許可証」です。観桜会期間中の4月16日に、高田区地域協議会の定例会議があるので、そのために委員に「駐車許可証」が発行されたのでした。
 しかし現実問題として使いづらいですね。交通規制されている中を「大手を振って」通り抜けるのですから・・・。委員からは、「会場を変更して」との意見が出されました。センター職員は「検討する」と答えましたが、当然でしょう。
 ほかの利用者はどうするのでしょう。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-21 16:21 | 市政 | Comments(0)
2018年 03月 19日
20180319 【地域協議会】めずらしく早く終わった
 今日は、今年度最後の高田区地域協議会の会議でした。めずらしく開会30分ほど、7時頃には終わってしまいました。

 主要な議題は、高田公園周辺の雨水排水対策についての自主審議です。
 意見書を出すことに全員一致で採択しました。意見書案は、私が提出した案文を若干手直ししたものが、三役から提案され、それが採択されました。1年半もかかって、ようやく決着です。
b0013099_20082543.jpg
20180306 【地域協議会】水害対策の意見書案


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-19 20:09 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 03月 06日
20180306 【地域協議会】水害対策の意見書案
 昨年6月から「自主審議」してきた「水戸の川周辺の雨水排水対策」について、ようやくまとまり、意見書を提出する段取りになった。その「意見書(素案)」が、「修正すべき点等があれば、具体的な修正案について、意見をお願いします」との依頼書とともに送られてきていた。
 提案者としての目から見ると、若干趣旨が異なっているように思えたので、意見書の表題も含めて、「具体的な文言」にして送信した。

【素案】高田公園周辺の雨水排水対策について(意見書)
【私案】高田公園外堀及びその排水路である水戸の川周辺の雨水排水対策について(意見書)

b0013099_14363168.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-03-06 14:36 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 02月 22日
20180221 【地域協議会】つちはし保育園の交通安全対策
 4月からつちはし保育園が開園する。北本町保育園が移転したものである。
 移転にあたって、昨秋高田区地域協議会に諮問があり、「交通安全対策に万全を」との付帯意見を付けて「適当」との答申をした。19日の高田区地域協議会で、その交通安全対策についての報告があった。

 スライドを使っての報告だったが、内容は「保護者と送迎車両の経路を確認した」というものだった。「ウーーーン」。
 質疑に入り、「これでは安全対策にならない」との不満の意見がドッと出た。私も次のような意見を述べた。

1.高田の街中から行く場合、土橋の信号までは行かない。途中で右折して近道をしてしまうだろう。
2.保護者と確認したところで、進入してくる一般車を規制できない。それで事故が起きたらどうするのか。
3.通園時間に限定した「一方通行」の設定を、市の方から警察か公安委員会にお願いすべきではないか。

b0013099_00015802.jpg
上図の赤矢印線が、市として保護者にお願いした進入路線と進入方向で「一方通行」路線。
✖印は、同、通行禁止路線。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-22 00:02 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 02月 06日
20180206 【検証】地域活動支援事業-2
 提起されたもう一つの問題は、「予算になかった項目が決算にあるのはおかしいのではないか」「予算に計上してないものは、自己負担で処理すべきではないか」というものです。余った補助金を別の用途に使ったのではないかという疑問です。

 市の説明は、「事業の目的達成・効果等に影響がなければ、補助対象事業の総事業費の概ね30%を超える増減を行う場合以外は、変更手続きの必要はない」というものです。
 「???」「エーーーッ」
 100万円の補助金なら、増減が30万円以内なら、変更手続きは必要ないというのです。極端な話、「30%以内なら、浮いた補助金は変換の必要がない」ということなのです。(オーバーした場合は「増額申請」はできませんから、当然自己負担になります。)

 Q&Aには、次のようにも書かれています。
【Q4-6 年度途中での事業計画の変更は認められますか】
※1 ・・・30%以下であっても経費項目間の事業費の移し替え、追加等がある場合は申請が必要になることがあります。
※2 変更とは、経費項目(備品購入費、工事請負費、消耗品費等)間で事業費をやりとりすることです。
【Q4-7 提案したよりも事業費が安くなることが見込まれるため、余った額で当初提案していないことを実施することはできますか。】
A 補助金の交付は、提案された内容に対して認めたものであり、 お金が余ったからといって提案された内容と違うことを行うことはできません。
 お金が余ることが見込まれる場合は、変更手続などにより補助金額を減額することになります。


 公文書(Q&A)に明記されたことが、ちゃんと実行されていないのではないかという心配でもあります。
 「変更してはならないといっているのではない。変更するのならば、ちゃんと手続きをすればよいということだ。」「事務局はそのことをちゃんとする必要がある。」
b0013099_13102473.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-06 13:10 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 02月 06日
20180206 【検証】地域活動支援事業
 5日、高田区地域協議会でした。「平成29年度地域活動支援事業実績報告の検証」で、議論が沸騰し、予定を1時間近く延長しました。

 「検証」では、事前に提案団体から提出された「事業結果概要書」が配布され、委員から意見を求めます。その「意見」を提案者にフィードバックするかどうかを決めるのが、最後の仕事です。
 昨日の「検証」では、「その他の意見」として二つの問題が出されました。

 一つは、「「事業結果概要書」に添付されている会計報告に、会計責任者の署名・捺印が必要ではないか」というものです。「昨今、報道によると、公金の不明朗な会計処理が発生していることから、よくよく見たら会計責任者の記名・押印がないことに気が付いた。明朗化のために必要ではないかと思い、提起しました」との説明もありました。
 上越市では、補助金などの公金の受領者が事業結果を提出する場合、会計責任者の記名・押印が必要ないようなのです。
 町内会や趣味の団体などの会計報告でも会計責任者の記名・押印がなされているではないかなどの意見も出され、議論の結果、高田区地域協議会として「他区に先駆けて、会計責任者の記名・押印を求めよう」ということになり、平成30年度の募集要項に、その旨明記することにしました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-06 12:32 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 11月 24日
20171124 【自主審議】台風21号被害の報告
 自主審議で「高田公園周辺の雨水排水対策について」審議しています。今回は、台風21号による高田地区の浸水被害について報告を受け、議論しました。

 高田公園外堀の集水面積は広大で、水戸の川によって関川に排水されますが、その水門付近で北城雨水幹線が合流しますから、北城地域の洪水対策は外堀の排水対策と一体のものだということです。
 台風21号は、10月22日~23日に上越市に大きな被害をもたらしました。
 関川の水位が最大になったのは、23日午前10時ごろで、8mを越えました。7mを超えた段階で水門が閉められ、排水機が稼働しました。水戸の川流域や北城地域に被害が出始めたのは、この前後からです。

 今回「台風21号浸水被害状況図」として示されたのは家屋被害だけで、農地や道路冠水は示されませんでした。これでは被害の全体が把握できません。消防署東側の田畑は「遊水地」と化し、北城町4丁目地内では道路が冠水して、各所が「通行止め」になりました。飯門田新田線でも「通行止め」になっていました。こうした実態が反映されていないのでした。これでは「被害」が小さく見えてしまいます。

 以前から指摘されている「高田公園外堀の集水面積」や「例えば、時間50mmの降雨があったとして、外堀の水位が平常に戻るまでの時間(シミュレーション)」などは、まったくの手つかず状態です。
 「汚水対策に手いっぱいで雨水対策にまで手が回らない」状態なのは解りますが、昨年7月26日の豪雨に始まり、今年は6月30日~7月1日の豪雨、そして今回(10月22日~23日)の台風21号と、立て続けに被害が出ているのですから、抜本的な対策が必要なのは、明らかです。
 大きな建物を建てる「ハコ物行政」ではなく、身近な公共事業が求められているのだと思います。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-24 12:36 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 11月 24日
20171124 【地域協議会】北本町ガス供給所敷地の土壌調査結果
b0013099_11271102.jpg かつて、北本町2丁目の陀羅尼八幡宮の北側に、北本町ガス供給所がありました。ここでは過去に、石炭を乾留して石炭ガスを製造していました。そのことから「土壌調査」が実施され、その結果報告です。
調査の概要
 本土壌調査は、環境大臣が指定する指定調査機関に委託し、国が定めるガイドラインに基づき特定有害物質による汚染の有無や汚染の範囲を調査した。
 調査対象とした物質は、過去に石炭ガス製造を行っていたことから、発生が予想される7項目の特定有害物質(ベンゼン、シアン化合物、水銀及びその化合物、鉛及びその化合物、砒素及びその化合物、六価クロム化合物、カドミウム及びその化合物) とした。

調査結果の詳細
(1)平成27年度調査結果を含めた土壌調査の分析結果
 土壌ガス調査よりベンゼンが検出され、土壌溶出量調査では基準値を超過した水銀、シアン、鉛が検出され、土壌含有量調査では基準値を超過した鉛が検出された。


 調査結果を見ると、有害物質が基準値を超えて検出されています。
 「地下水の汚染がない」「周辺で井戸水を利用していない」が、せめてもの救いです。今年10月にはガスホルダーが撤去されていますが、今後の利活用については、「すぐに活用できる状態ではない」というのは、当然でしょう。「平成36年度まで調査を継続する」「その結果は、地域協議会に報告する」との表明がありました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-24 11:27 | ●地域協議会 | Comments(0)