タグ:TPP ( 25 ) タグの人気記事

2016年 11月 13日
20161113 【新聞】あーあ
 まさに「あーあ」である。
 山本有二農水相が輸入米の業者からカネをもらっていて、「TPP推進のために輸入米不正取引を見逃し」ていたのではないかというのである。
 ありうる話だと思った。安倍政権閣僚のどうしようもない腐敗ぶりが、またまた明らかになった。

「TPP強行採決」発言の山本有二農水相が輸入米の業者からカネ! TPP推進のために輸入米不正取引を見逃しか(LITERAX 2016.10.29)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-11-13 22:02 | ●マスコミ | Comments(0)
2016年 02月 04日
20160204 【新聞】「甘利辞任」――官邸の情報操作に踊らされると・・・
 1月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、松本人志が甘利大臣辞任について「50万のためにTPP、何兆円も大損」と述べたという。4日付けのリテラが、「TPPへの無知と官邸丸乗り体質さらけ出す」と、批判している。
 この記事で注目したのは、次の点だ。

 いや、それ以前に、最近、松本と同じ「俺は現実を見据えているおとなだからね」と言いたげなドヤ顔で、同じく「こんな問題でTPPという国益を捨てていいの」と語る連中がやたら増えている。
 だったら、そういう連中のためにも、松本の意見は「現実的」でも「おとな」でもなく、むしろTPPのことを何も知らないドシロウトの妄言にすぎないことを説明しておく必要があるだろう。


ということで、TPPの「そもそも」について、詳細に解説していることである。

 ……なんでこんな当たり前のことを言わなきゃならんのか。松本のリテラシーの低さにため息が出てくるが、おそらく、松本は官邸が一時、甘利続投に誘導するために流していた「甘利さんがいないとTPPがダメになる」という情報操作にすっかり騙されてしまったのだろう。

 今日2月4日、高鳥副大臣が調印式に出席して、調印しているはずである。調印したからといって「発効」するわけではないが、あらためてTPPのひどさを学ぶことができた記事だった。

松本人志が甘利大臣辞任に「50万のためにTPPどうなんねん、何兆円も大損」と…TPPへの無知と官邸丸乗り体質さらけ出す(LITERAX 2016.02.04)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-02-04 17:39 | ●マスコミ | Comments(0)
2015年 10月 12日
20151012 TPP『合意したした詐欺』
 IWJ Independent Web Journal の記事です。

 「だいたい大筋合意と言うが、ドアのノブに手をかけてちょっとまわしたくらいの話。いよいよこれからが本番です。決してあきらめてはいけない。

 日本の政府が何を要求したのか、相手国が何を求めたのか、これだけ国民の生活に深く関わるものでありながら、一切明らかにしないで、大筋合意だ、などと言っているが、これは国会決議違反ではないか。


 だいたいTPPというのは、「合意するまで、内容を一切公にしてはならない」という秘密交渉だったはずですから、「日本の政府が何を要求したのか、相手国が何を求めたのか」は、ベールの中に隠されているというのが、本質ですよね。

2015/10/06 「『合意したした詐欺』に騙されないで!」野党議員、専門家らが官邸前で抗議! 日本のマスメディアが大合唱する「大筋合意」の大嘘と現地で日本政府がさらした「醜態」を暴露! (IWJ Independent Web Journal 20151006)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-10-12 22:34 | ●マスコミ | Comments(0)
2015年 07月 08日
20150708 「ウソつかない TPP断固反対」は、真っ赤なウソだった-自民党
 7日付けの『しんぶん赤旗』に、こんな写真入りの記事がありました。2012年の総選挙では、いたるところに貼られていましたね。「ウソつきは泥棒の始まり」といいますが・・・。
b0013099_09435367.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-07-08 09:44 | ●マスコミ | Comments(0)
2013年 07月 27日
20130727 琉球新報社説「TPP交渉入り あまりに異質な協定だ」
 琉球新報の27日付の社説「TPP交渉入り あまりに異質な協定だ」は、まさにその通りだと思った。

 知れば知るほど交渉の在り方に疑問が湧く。日本が初参加したマレーシアでの環太平洋連携協定(TPP)交渉会合が終わった。
 協定の特徴は徹底した秘密主義にある。交渉入りするまでどんな分野が対象になるか分からず、各国が何を主張しているかも分からない。今後も、何が自由化されるのか、協定締結まで内容は国民に一切知らされない。あまりに異質な協定だ。
 国の根幹にかかわることを、政府にすべて白紙委任したつもりはない。主権者に何も知らさずに国の大原則が決まるのは封建的すぎる。民主主義的ではないこんな交渉からは今すぐ撤退すべきだ。

 これまで日本共産党やJAなどさまざまな団体や個人が指摘してきたことではある。

 TPPが危険なのは農業分野だけではない。米国のバイオ化学メーカーが「非関税障壁を撤廃せよ」と主張すれば、遺伝子組み換え食品かどうかも表示できなくなるかもしれない。米国の製薬会社の知的所有権を強化するという触れ込みで、安価なジェネリック医薬品が使えなくなる可能性もある。米国の保険会社の利益のため、日本の健康保険制度が崩壊させられるかもしれない。
 私たちの生命に関することすら国民の意に反して決まる事態もあり得るのだ。主権喪失にも等しいそんな未来を選ぶのか。TPPの本質を見極めると同時に、国の在り方も問い直したい。

TPP交渉入り あまりに異質な協定だ(琉球新報 2013年7月27日)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-27 21:05 | ●マスコミ | Comments(0)
2013年 07月 24日
20130724 TPP交渉 守秘契約署名
 TPPには、以前から指摘されていることだが、「守秘契約」というものがある。

 これにより、日本政府団は、これまでの交渉経過をまとめた数千ページ分におよぶという電子資料の閲覧が可能になりましたが、守秘契約によって交渉内容を公表できないほか、協定発効後も4年間は交渉関連文書が秘匿されます。(『しんぶん赤旗』7月24日)

 簡単に言えば、「交渉内容は、いっさい公表してはならない」ということである。NHKは次のように報道している。

 マレーシアで開かれているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉会合に、日本が23日から合流したことを受け、政府は、現地を訪れている業界団体向けに説明会を開きましたが、出席者からは、十分な情報提供がないことに不満の声が聞かれました。

 最初から分かりきっていたものを「何を今更」ということである。

 説明会に出席した経団連の国際経済本部の上田正尚副本部長は「過去の通商交渉と違って、相当の守秘義務が課されているので、各国の業界団体と連携して、全体像を把握していきたい」と話していました。

 参加各国全部が「守秘契約」をしているのだが、どのように「全体像を把握」していくのだろうか。TPPは、参加を取りやめるしかないのだ。

TPP交渉 日本参加 守秘契約署名 交渉内容非公表に(『しんぶん赤旗』7月24日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-24/2013072401_02_1.html

TPP説明会 業界から不満の声(NHK NEWSWeb 7月24日 17時11分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130724/k10013263771000.html

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-24 18:35 | ●マスコミ | Comments(0)
2013年 07月 01日
20130701 「日本の国民健康保険 世界に誇る医療制度」-沖縄タイムス
 沖縄タイムスのweb配信を見ていて、おもしろい記事を見つけた。「日本の国民健康保険 世界に誇る医療制度」というもので、小児科医が米国ハワイでの経験を話している。

 病気にかかった時に、医者の診察を受け、必要なら入院して治療を受ける。日本に住んでいると普通のことですが、外国ではその普通のことが、簡単にできるとは限りません。筆者は、7年間ハワイで小児科医として開業するという経験をしました。その経験を基に、外国(アメリカ)の医療事情を少しお話しします。
(途中略)
 当たり前だと思っている日本の医療制度ですが、実はとてもありがたい制度ではないかと、アメリカでの経験を通して感じます。
 最後に、アメリカ旅行に行く時は、必ず成田空港で、旅行者保険に加入してください。クレジットカードに付いている保険は、100万円程度しかカバーされません。ちょっと大きな病気、けがをした場合、数百万の請求は日常茶飯事です。お守りだと思って、加入することをお勧めします。

 TPPでアメリカが日本に要求しているものの一つに「医療保険」がある。国民健康保険や社会保険がなくなって、この記事にあるような医療制度になってしまったら、うっかり怪我もできないし、病気にもなれないということになる。

日本の国民健康保険 世界に誇る医療制度(沖縄タイムス 2013年7月1日 09時35分)http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-01_51125
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-01 10:37 | ●マスコミ | Comments(0)
2013年 03月 07日
20130307 「感動のデモ行進!!」――JCP-にしざわ博の日記-
b0013099_2139284.jpg 昨日6日の日本共産党新潟県委員会の会議で、今夏の参院選新潟選挙区予定候補のにしざわ博氏が、熱く感動を語っていた。その発言内容が、にしざわ氏のブログに掲載されている。「感動のデモ行進!!-JAの職員さんといっしょにアピール-」である。

 「TPP参加阻止県民共闘会議」(農民連や共産党など加盟)が主催して、緊急「昼デモ」が開催され、県農協中央会(JA県中央会)の職員さん50人あまりが「TPP交渉参加絶対反対」ののぼり旗をもって参加するなど、100人以上が参加しました!

 安倍内閣が、TPPへの参加方向を打ち出した中で、急速に「TPP参加反対」の運動、共同行動が盛り上がってきているが、萬歳JA中央会長のお膝元、新潟県でもこういう形で動き出したということである。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-03-07 21:36 | 日本共産党 | Comments(0)
2012年 11月 19日
20121119 共産党演説会にJA会長がメッセージ寄せる
 昨日18日に開かれた日本共産党の演説会に、萬歳章JA新潟中央会長(JA全国中央会長でもある)がメッセージを寄せた。
 私は、次の部分に注目し、感動した。

 日本は、長い歴史と文化のなかで、わが国にあった慣習や制度を育んできました。TPPは単に例外なき関税の撤廃だけでなく、アメリカが非関税障壁と呼ぶ日本独特の制度を根底から覆し、「ルールの統一化だ」と言って、何でもかんでもアメリカに合わせようとするものであります。競争だけでなくお互いを気遣う「互助」や「絆」といった、まさに今、海外諸国が注目している日本のすばらしい精神を、自ら捨て去ることになってしまうのです。

 18日の『しんぶん赤旗』には次のようにも書かれていた。

 全国農業協同組合中央会(JA全中)の萬歳章(ばんざいあきら)会長は、衆院が解散された16日、「JAグループは、TPP交渉参加反対を明確にした各候補者・政党を支援する」との談話を発表しました。
 その前日の15日、萬歳会長は、JA全中が国会近くの砂防会館で開いた「交渉参加断固阻止緊急全国集会」でも、断言しました。
 「生産者が希望をもって営農にとりくめるよう、TPP反対を明確にした候補者や政党を推薦する」「候補者や政党を分析し、われわれの声を反映する人を国会に送るとりくみをする」

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-11-19 10:13 | 日本共産党 | Comments(0)
2012年 10月 04日
20121004 県知事選挙、スタート
 今日4日、新潟県知事選挙が告示された。事実上、泉田 裕彦(いずみだ ひろひこ)現県知事と樋渡 士自夫(ひわたし しじお)日本共産党新潟県委員長の一騎打ちである。投票日は、10月21日。

 泉田知事の街宣を聞くチャンスはなかったが、日本共産党の樋渡氏の街宣を聞くことができた。
 同候補が力をこめて訴えていたのは、「原発0(ゼロ)を決断する」ということだった。「現職は、『福島第一の検証が先』といって、集中立地する柏崎・刈羽原発の再稼動について明確な態度を示していない」と批判していた。この点はまったく同感である。
 TPPについて「きっぱり反対します」と述べ、「泉田知事は『米を除外すれば賛成』と、事実上推進の立場をとっています」「国民皆保険が崩れると、日本医師会も県医師会も反対の立場を明確にしています」といっていた。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-10-04 20:08 | 県政 | Comments(0)